ラッテmyラブ

ラッテと私と海外旅行。

7/26 タリン日帰り観光

このシリーズが出来た5年前から日帰りでタリンに行き始めた私。
ちょうどバルト3国のツアーが売れはじめた感じだったので
客寄せパンダ効果を狙ったのか。
朝が早くタリンの滞在時間も短いのでそろそろやめにして欲しい所です

ヘルシンキからエストニアの首都タリンまでは丁度100分
免税で色々安く買えるのでヘルシンキっ子も週末を利用して
訪れる所でもあります。
その証拠に船内の免税店は熱くなったフィンランド人でいっぱい☆
ちょっとした見物でもあります。。

タリンに到着すると入国に時間がかかるのでいの一番に並んで、、、
というのは昔の話。
昨年2004年の5月からEUに加わったので入国もスムーズ。
税関を抜けたところでガイドさんとミート。
旧市街からスタートです

DSC00218.jpg


のっぽのヘルマンの愛称で知られる塔を持つトームペア城

DSC00216.jpg


大統領官邸はピンクの建物
国旗の3色にも意味があります。
青は空。矢車草をさし
黒は国民の大地
白は希望を表すとか。

エンブレムの中のレオパルド(ライオン)は
エストニア人の勇気を象徴しています
上から順に13Cの独立戦争の勇気
14Cの農民一揆の勇気
そして1918年のロシア帝国からの独立の勇気 なんだと。
エストニアの議員さんは2割が女性
現在の首相は40代半ばのバイタリティあふれるお方です

DSC00215.jpg


アレクサンドルネフスキー教会はタマネギ頭が印象的
内部は日露戦争で命を落としたエストニア人の名前を刻むプレートが
飾られてます。

DSC00221.jpg

 
大聖堂の脇を抜け展望台方面へ

DSC00224.jpg


ステンボック家の壁には慰霊碑
これは1941年に1万人のエストニア人がシベリアに流刑されたことを
忘れないようにと独立以降ここにおかれたもの

DSC00225.jpg


石畳は中世の頃を再現したもの。数年に一回掘り起こし水道管の工事もなされているのです。
歩きにくいけど足裏マッサージにはいいかも

DSC00226.jpg


海と中世の景観が残る大好きな景色(展望台A)

DSC00231.jpg


下町の家並みもよくわかります(展望台B)

DSC00230.jpg


街角の至る所に絵を売る人
はがきを売る人

DSC00244.jpg


今回はこの男の人が縦笛を吹きながらずっとついてきてました。
チップをねだるでもなく、スリをはたらくでもなく
なんだったのだろう。。。。

DSC00234.jpg


足長さん通りから坂道を振り返るとまたアレクサンドルネフスキー教会が。大好きな景色。。

DSC00236.jpg


街の至る所にひったくりに注意の看板があったりするのです。

DSC00249.jpg


セーターの壁は地元のおばちゃん達の力作が売られる所
エストニアクローンをもって無くともユーロでもカードでもオッケーの
商魂たくましい屋台もあるのです

DSC00259.jpg


旧市街中心に戻ってくるとレストランやお店の子達は中世の頃の衣装を着て宣伝中
エストニア人は美人が多いのです。
カメラを向けるとちゃあんと笑顔でポーズをとってくれるサービスも。

DSC00256.jpg


オルデハンザの前ではいつもシナモンアーモンドをつくってて
味見も出来ます。結構美味しいのよね。

DSC00268.jpg


最後はラエコヤ広場
ここで今日は100分のフリータイムが取れました。。

昼食後再度水中翼船ににりヘルシンキへ
明日は帰国。
長い北欧の旅もあと一息なのです
スポンサーサイト
[ 2005/07/26 00:31 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(4)

7/25 ヘルシンキ観光 午後はフリータイム

ヘルシンキ観光のスタートは市場から。
やっぱしサーモンがいっぱい。
お客様はもうサーモンは結構といった感じ。
今回も食べたもんね。
DSC00195.jpg

DSC00197.jpg

でも美味しそう。。。
ウスペンスキー寺院そしてヘルシンキ大聖堂など
外観はほんとに立派。
DSC00199.jpg

シベリウス公園そして超モダンなテンペリアウキオ教会を訪れ昼食へ

午後はホテルにチェックインです
DSC00205.jpg

ラディソンSASロイヤルはまだ出来て10年くらいかな。
モダンで大好きな室内。
落ち着くのです。
時間を決めて希望者の方をエスプラナーディへ。
帰りは各自帰っていただきます
私はちょっとイッタラでお買い物があるのです。

夜はフリー食
希望の方とホテルで。
私はサーモンスープとクラブサンドイッチを。

a href="http://blog-imgs-30.fc2.com/m/a/y/mayulatte/DSC00210.jpg" target="_blank">DSC00210.jpg

DSC00212.jpg


合計24ユーロでしたが一人参加のAさんがそっと30ユーロをくれました
泣ける。。。<
[ 2005/07/25 05:42 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/24 ドロットニングホルム宮殿~シリアライン

DSC00171.jpg



さあ出発!いつものように全員揃ったか人数を数えようとするとなんとサロンバス。
普通バスの座席は進行方向を向いてるものなのに今日のバスはサロン式。
テーブルを囲む形で椅子がしつらえてあるので後ろ向きに座る人も出る始末。
まずい!!
このコースは一人につきお座席2つを補償しているコース。
そのため今回のように20人の時は添乗員とガイドの座る一列目を外すとして最低40席は必要になるのです
ヨーロッパのバスは60席くらい余裕であるので問題ないのですが
今回のようにサロンになっちゃうとめんどくさい。
ご夫婦で向かい合わせになる分にはいいと思うけど
やはり後ろ向きに座るのは嬉しいものじゃない。
特に日本人は気にするし。。。

急遽ランドオペレーターに電話。
すぐにバスを換えるように依頼。
ドライバー曰くデラックスツアーの指定だからデラックスのバスを用意したとのこと。
OH! Thank You To Much!
折り返しランドから電話があり今日の最初の観光地にてバスを交換してくれるとのこと。
大きいバス会社で良かった。。。

さあドロットニングホルムの観光からスタート。
お客さんはガイドに任せ私はお客様の手荷物の移動。
無事終了しお庭のベンチでほっこりさせていただきました。
いつもはこんな時間もなく宮殿内を観光するのですがこんな時間の過ごし方もいいね。


DSC00175.jpg

DSC00176.jpg

かわいいでしょ!
このお姉ちゃん達はお昼のレストランのスタッフ。
シャツも髪型もエプロンももちろん本人達もすっごい可愛い。
将来カフェでも開いたらこんな感じでやろっかなーーー。
地元のお金持ちが集まるレストランでゆっくり過ごし
午後はバーサ博物館を少しみてシリアラインへ。

今年もムーミンにあえました♪
DSC00192.jpg


お部屋はシリヤクラス。海側のキャビンでミニバーの中はフリー
(ビールが2本 シャンパンが2本 ファンタ1本 ガス水1本 bull1本)
あとバスルームにアメニティポーチがコンプリでセットされてます。
DSC00189.jpg


夕食はマキシムでネプチューンディナー。
シーフードが山盛りです。。

DSC00187.jpg

 明日ヘルシンキ着は9時半。
それまでDVD三昧だよん。
[ 2005/07/24 05:11 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/23 ストックホルム観光

DSC00148.jpg


まずはコンサートホール前の市場からスタート
今日も沢山の屋台が軒を連ねます
その中から選んだのはトルコ人のお兄ちゃんが店番をする果物屋さん
おすすめのサクランボを聞くとやっぱりデンマーク産のヤツ。
見た目は山形の山田錦のようにほんのりピンクで可愛いの。
横の真っ赤のヤツはトルコ産で甘みは強いけど品に欠ける味。
沢山は要らないのでポケットに入ってた5クローネコイン一枚分
売ってもらいました。ほんの一握り。
さっきこれ以上味見させてもらっちゃって悪かったかも。。

IMG_0012.jpg

市庁舎はノーベル賞授賞晩餐会会場です
すっきりとしてほんと綺麗。
日本にこんな一般のかたが見学して感動する場所があるのかな?
今度 東京の国会議事堂なんか見学してみようかな。。。

午後はフリータイム
希望の方はーーーーと言ったらどなたもおられず。
ホテルの場所が便利すぎて自分で歩けるんだと。
ッテコトハ。。。
私もフリータイムになっちゃいました。
といってもホテルでごろごろすんのが最高なのです。

夕食は市庁舎地下のレストランでノーベルディナー
今日は2004年度版をいただきます。
レストランもとってもすてき

DSC00168.jpg


DSC00159.jpg

DSC00164.jpg

メニューには今日のお献立そしてワインの紹介
ノーベルの歴史。右下には数字が。
どうやらこの2004年度版メニューを食べたのは私で1220番目ですよ
ってことみたい。。
[ 2005/07/23 09:15 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/22 コペンのフリーそしてストックへ

DSC00123.jpg

フリータイムですといっても添乗員はフリーじゃないのがつらいところ。
でもお金をいただいてる以上は仕方ありませんね。
希望者をご案内って言ったら16名がご希望に(笑)
チボリの前を通りストロイエそしてロイコペ本店前最後はクルーズ乗り場へ
乗り場のおじちゃんが「今日はどうする?乗っていく?」と聞いてくれるが謹んでお断りしまっすぐホテルへ。
お部屋でくつろいでる方がいいのさ。。


午後はコペンからストックへSKにて移動。
通常はグループチェックインのRQを前もってするんだけど
今回はトライアル♪
個人チェックインに挑戦だい!!
アシスタントにはクレージーと思われたかもしれませんが
まあ、宜しくおつきあい下さい。。。
めちゃくちゃ時間がかかりますよーーーって嫌みをいわれた。
ま、許してくだされ。
バスはターミナル2に着きポーターもそこでスタンバイ
荷物はポーターに任せ歩いてターミナル3(個人チェックイン)へカウンターは3つ開いていたけど私とアシスタントでケアするためそのうち二つを利用することに。
10組だから5組ずつに分かれていただきいつものように窓か通路の希望を言っていただく。
あれあれ めちゃスムーズ わずか15分で終了
グループチェックインが当たり前みたいに言われてるけど既に他のグループが到着してれば待たなくちゃなんないしそれを思えばこっちの方が速いかも。
アシスタントはあまりの早さに絶句だった。。。
ごめんね。ちょっと試してみたかったのさーーー


DSC00139.jpg

中の免税エリアでこんなかわいい毛皮のコートを見つけました
可愛いけど15万円。
がまんがまん

DSC00141.jpg

ストックのホテルは駅横のラディソンロイヤルバイキング
ロビー周りはなかなかスタイリッシュ♪
[ 2005/07/22 08:37 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(4)

7/21 コペンハーゲン観光

DSC00115.jpg

北シェラン島の観光からスタート
ここ数年はクロンボー城の観光ばかりだったので久しぶりにフレデリスクボー城に行けて嬉しい。
添乗の仕事とはいえいつも同じとこばっかじゃね。あきちゃう。
お昼はコペンで和食をいただだき午後はコペンの観光
DSC00122.jpg

ゲフィオンの噴水は昨年までスポンサー不足によりお水がでてなかったんだけど今年はでてた。
何年ぶりかな。久しぶりに馬の鼻からも水が噴出してて嬉しかった。。

夜はフリーだったので希望者と中華へ
15人も来ちゃったので一人150クローネ(約3千円)で10品のおとり分け。
昨日の夕食はホテルで不味く思いっきり外してしまったので挽回。

IMG_0019.jpg

食後歩いて5分のチボリ公園にご案内し一人で歩いて帰りました。
セブンイレブンでアイスクリームを買い食べながら帰りました。
幸せ。。

DSC00136.jpg

[ 2005/07/21 07:57 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(4)

7/20 ベルゲン観光そしてコペンハーゲンへ

ベルゲンは雨
今回の旅で初めての雨らしい雨。
まあ晴れの日もあれば雨だって降る
わかってはいるけどやっぱり雨はねーー
ガイドが笑顔で
「ここベルゲンは一年で400日雨です!」って言い切ってくれたのが攻めてもの救い
DSC00107.jpg




今日は何か添乗員さんの役に立つようなことを書こう。
(良い志し)
ベルゲンはやっぱ東欧からの3人組スリが活躍中です。
気をつけて!
なんて常識だよねーー。
えっとそうだ空港の話を。
いつも人数が多いとグループチェックインをするのですが
今回20名。微妙でしょ。
みんな長距離はビジネスだったりするので希望が多い。
そこでカップル単位で個人チェックインにしました。
窓ならウィンドウ。
通路ならアイルっていうんですよーーーってね。
そうしたら見事希望通り
クレームタッグもオンネームだし係員の対応もよく
めちゃ速く済んだのでした。
今回はSKにてコペンへ。
免税手続きはこれまで空港カウンターでアシスタントがばんばん勝手に
免税用紙にスタンプを押していたので今回も同様に品物は全てスーツケースに入れてもらったのでした。
で、今回はなんともうスタンプも不要とのこと。
very good ですね。
いわゆる国際線扱いとなるのですがX線超えて左に曲がったショップにて
ノルウェークローネで返ってきます。
コインならここで使い切って頂き紙幣は次の国で両替に。。。

あとSKのBGO-CPH路線はドリンクは無料でした。
シートポケットにドリンクの値段表が入っていてどきっとしたのですが。

こんな感じでいかがでしょうか。。

[ 2005/07/20 23:09 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(3)

7/19 バレストランドからベルゲン

バレストランドのホテルの真下からクルーズ船は出発
約2時間のソグネフィヨルドクルーズ
DSC00092.jpg


外海から200km以上も内地に入り込む海水は長さも深さも
世界一位とか
今日もカモメ用に朝食レストランからパンを持ち出した所だったのに。
残念。
フロムで例年昼食でしたがあまりに評判が悪いので今年からは変更
そのままベルゲン鉄道に乗り約一時間
海抜2mから866mまで上っていくのです
今日もシヨス滝では例の妖精が音楽と共に登場。
DSC00096.jpg


寒いし劣悪な労働環境。女性にはつとまらないだろうと思われ
仲間内では男性が妖精を演じているのでは?との噂。ほんとかな?
ひとまず写真ストップを終えミュールダールへ。
ここでベルゲン鉄道に乗り換えボスにて下車。
そしてバスにてランチのフレイスハイムへ。
せっかくの眺望を持つレストランですが今日は小雨交じりで
今ひとつといった所でしょうか。

DSC00100.jpg


ベルゲンでのホテルはブリッケン地区に建つ
ラディッソンSAS。
ここはベッドも普通に大きいので安心なのです。。
[ 2005/07/19 21:16 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/18 ゲイランゲルからバレストランドへ

8時のクルーズ船に乗るのにホテルは7時40分には出なければ。
だけどこのホテル7時しか朝ご飯のレストランが開かないの。
まったく。。。
このホテルの宿泊者の半分がこの船に乗るって言うのになんてこと。
大急ぎで食べてもらい波止場へ。
船は日本人グループが
3組とヨーロッパ人グループがパラパラ。
約一時間のクルーズの間に溜まったレポートでも作成しようと
持ち込んだはいいが、べったりとくっついて離れず質問攻めの
おじさま登場。
仕方がない。お相手するしかなさそうです。。
ちょっと外に出てみませんか?景色も楽しまなきゃ。
と外へ。
ほらね。こんなに綺麗なのに。

DSC00067.jpg


下船後バスで走りながら沢山の入り江を通り過ぎていく。
デジカメ大好きな私にはお客さんのバスを止めて写真タイムを取って欲しいという気持ちが痛いほどわかるのですが、道も狭くどこにでも止められるというものでなくジレンマ。
それでもほんとレンタカーで回ってたらなかなか先に進めないだろうなと思わせる眺め。
DSC00088.jpg


ブリクスダール氷河は昨年イギリス人が馬車から落ちて手首がなくなる大事故があったばかりの所。今年は馬車は営業して無くてバギーになってた。速くてよかったけど情緒は無いね。
で、いつも馬車を降りて氷河までの20分間が道も険しく大変だったのに今年は綺麗に整備されておりめちゃめちゃ楽ちん。
今までの苦労は何だったの??
出来るんなら昔からやって欲しかったーーーつーの。
DSC00074.jpg

今回も全員で氷河の所まで行けて良かった。。
ホテルは町で一番のホテル「クビクネス」
フィヨルドビューなのはいいがベッドが小さく細いのがねーーー
また事前インフォが要るよーーー
[ 2005/07/18 18:31 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(7)

7/17 オーレスンからゲイランゲルへ

オーレスン。
オーレがウナギでスンドが水路
高台から見るとまさにウナギの様に細長い水路を沢山持つ町
IMG_0121.jpg

1時間だけの観光を終えトロルスティンゲンへ
トロルがかけた梯子の名のとおり山にはジグザグ道が
途中すごい滝があったりノルウェーってやっぱりすごい!
自然の宝庫!
IMG_0124.jpg

ぼーーっと車窓の景色を眺めていても心がいやされる。
BGMはノルウェーを代表する歌姫シセル。
いやーーいいわーーー
DSC00037.jpg

あまりにも天気がいいのでホテルを通り越してダレスニッパ展望台へ
途中の湖は氷が張ってたりして最高!
日本は梅雨明けして35度っていってたな。
DSC00060.jpg

今日はホテルユニオン。
フィヨルドビュー。いつまでもいつまでも景色に見入る部屋なのです。
[ 2005/07/17 22:29 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(3)

7/16 オスロからオーレスンへ

怪しい朝。
今にも雨が落ちてきそうな空を見上げ祈る
降るなよ!!

ロビーでは先ほどから朝食レストランで財布とパスポートの入った
鞄を置き引きされた日本人OLが騒いでる。
あーーー。やられた。
でもうちのお客さんじゃなくて良かった。
今日は土曜日
大使館は月曜まで開かないしどうするんだろ。。
気にはなるが丁度出発の時間。
これからするべき事を紙にまとめ
二人に渡してきた。
まずはクレジットカードを止めなきゃ
でそれから先は一つずつ紙を見て消去法でやってね。
それだけで時間切れ
どこのどなたか知りませんがこれも旅の思い出と割り切ってね。

観光は定番コース
フログネル公園は何度訪れてもいいところ
ヴィーゲランの人生をテーマにした彫刻はなにか考えさせられる
事がいっぱい
DSC00020.jpg


バイキング船博物館へ
ここは去年同僚がバスの車上荒らしにあい大変だったところ
ドライバーもよく知っていて鍵もかけるけど僕もここにいるから!
って目配せ。。たのんだよーー

最後は国立美術館へ
昨年ムンクの叫びとマドンナがムンク美術館から盗まれ
今年は館内も写真撮影禁止になったりとうるさくなったの。
去年そういえば写真撮ったかも、と探したらありました。
「叫び」
IMG_0103.jpg

「マドンナ」
IMG_0105.jpg


オスロからオーレスンへはSKにて約1時間

オーレスン5年前から毎年来てて大好きな町。
ここもゆっくりしたい港町
[ 2005/07/16 22:04 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/15 北欧へ。

今回は北欧14日間(長い!!)
ビジネスクラス利用15人(110万円)
エコノミークラス利用5人(83万円)
とんでもない料金設定でもこれだけの集客力。
儲かってると思われ。。。。

エアーはルフトハンザ利用
機内食はうーーーん、ま、悪くはない
一回目の食事
DSC00002.jpg

2回目の食事
DSC00004.jpg

エアバスの最新機なのでトイレも半地下にあり一列に並びあいたところから順番に入れるタイプ。
DSC00007.jpg

スタアラはゴールドだし荷物も30KgまでOK!
そんなとこ好きです。

乗り継いでオスロへ
先週から気候が不順で今日も雨模様。
泊まりは駅の近くのロイヤルクリスチャニア
なかなか使いやすい部屋ですが一泊だし。
DSC00011.jpg


明日から晴れるといいなーーー
[ 2005/07/15 22:46 ] 休日 北欧 | TB(0) | CM(2)

7/8~7/9 帰国

エアフラ。
気分が重くなるのはエアフラ利用だから。。。
だって荷物の重さは20キロまでだっていうし
少しでも超えようものなら追加料金ってうるさいし。
席は満席だってゆってお客さんの横から動かしてくれないし
ほんと気が重い。

でも今日はちょっと違った。
まず団体チェックインをしなかったのが功を奏して
スムーズに行ったのです。
荷物は若い男の子をねらったんだけどあかなくておばちゃんに。。
でもかえってこれがよかった。
「ボンジュール」から始まってきれいなネイルねーーとか
髪型すごくあってるよねーーーなんておだて作戦で
26キロあったスーツケースもオッケーでした。
ラッキーー

ワールドパークスのプラチナ会員なのでAFのラウンジも使えたし
うどんでスカイも食べたしまあ、想ったより悪くなかった。

次回はルフトで北欧。。
頑張るぞ!
[ 2005/07/09 20:43 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

7/7 終日フリー

今日は一日フリー
添乗員さんは何するの?ってよく聞かれるけど
それはそれ結構仕事があるのです。・
まずオプションのお見送り。
今回はホテルが町の中心にあるので集合場所まで歩いてお見送り。
ホテルが遠ければタクシーにお乗せするだけのときもあるし
地下鉄でご一緒に行く時も。
ケースバイケース。

オプション代金の支払いも重要。
会社まで出向き全部支払ってくるのです
基本的にはユーロで集金だけどさすがにセーヌディナークルーズなんて160ユーロもするし日本円で集めることも。
そしたらレートのいいところに行って両替もしなきゃならないし
現金もって町を歩くのもやな感じだし。。ほんと気を遣います

デパート巡りも大事かな。
ね、大事でしょ。

自分で動けない人は一緒に動くこともあるし
溜まりに溜まったレポートや精算書類も仕上げたいし。。

ほんとフリータイムは1日じゃ足りない。
[ 2005/07/07 18:00 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

7/6 パリ観光

結局今日もいい天気
ほんとお天気に恵まれたパーティーになりました。
今日はひと味違うパリということで
シャルトルのステンドグラス見学なんかも入ってます。
オルセーも予約があるので並ばなくていいし楽しみ♪

まずはオルセーへ
初めてここに来たときはほんと感動しました。
だって教科書で見ていた絵画のほとんどが一同に揃ったんだもん。
あれは90年だったのでなんといまから15年も前なんだ。。
早いなーー。
DSC00170.jpg

古い駅舎を利用してつくられた館内はいつ来ても落ち着く所
最上階の時計の裏側のカフェなんてゆっくり時を過ごすのに最高の場所。
DSC00180.jpg

今日は横目に見るだけだけど。。。

午後はシャルトルのすごいステンドグラスを見に行って感動。
確かにわざわざ観光コースに入れるには厳しいところですが
パリのリピーターにはお勧めですね。

DSC00188.jpg

[ 2005/07/06 23:00 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

7/5 アビニョン観光ーTGVにてパリ

今日も最高のお天気
ホテルをチェックアウトしアビニョンのサンベネゼ橋のたもとへ
旧市街はここでバスを降りあとは歩いての観光です。

橋をバックにお客さんの写真を撮ってると親子連れのお母さんが
私に何か言いたそう。
どうしました?って聞くと先ほどチエックアウトしたホテルにて
身に覚えのない会計が来て、それを払ってしまったとか。
払うときは何も確認せず払ったけど後でよく見たら知らない会計が
混ざってた。。。。って今頃言うーーーー???
確か彼女がチェックアウトしてるとき横でお手伝いしていたのに。私。

ま、済んだことは仕方がない。
ホテルに電話して訳を話すとなんと快く返金するとのこと。
JSGが付いてるわけだし本体は任せてホテルに帰ることに。
じゃ、ホテルに戻りましょうというと
「え!?私も一緒にですか?」と。
誰のお金だよ!って思ったけどぐっとこらえ私のみホテルへ。
親切なドライバーが会社からセダンを借りて来てくれそれで送ってくれるという。
ごめんねえ。。って言うと
「さすが日本人30ユーロくらい確認せずに払っちゃうんだね。」って。
返事に困りました。

無事お金を返してもらい旧市街に戻り町をブラブラ。。
DSC00155.jpg


エルメスがメイン通りに2階建ての大きなお店を出しててびっくり。
以前は小さいお店だったのに。。
お洋服のセールをやっており心が乱れたけどさすがに
後であのオレンジ色の紙袋を下げ登場するわけに行かないので断念。

午後は新幹線TGVにてパリへ。

パリのホテルはホテルドルーブル
一泊700ユーロのお部屋です
部屋からオペラ座が見えたりルーブルの彫刻の間が見えたり
なかなかいい感じ。
DSC00205.jpg

福沢諭吉もお泊まりになったホテル
3連泊ゆっくり出来るといいなあ。。。

DSC00164.jpg

[ 2005/07/05 23:18 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

7/4 アビニョンからワンデイトリップ

今日はプロヴァンスの一日観光
まずはフランス美しい村コンテストで毎年ランクインする
ゴルド村へ
DSC00108.jpg



全景もきれいだけど町並みもすてきなところ
DSC00119.jpg


そして少しのフリータイムの後ボークリューズの泉へ
DSC00132.jpg


時期的に渇水してはいたけど生活用水が流れ込む前の美しい泉
手を浸すと冷たく、心が浄化されていくのがわかるほど。

美味しい家庭料理のランチの後はレボーへ
02130033.jpg


ここもゴルドに負けないほどのはずせない所
あいにく雨上がりで足下が滑りそうだったので高台への
案内はなかったものの充実の午後を過ごせました。。



[ 2005/07/04 22:34 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(3)

7/3 エクスーアルルーポンデュガールーアビニョン

アルルまで移動しここから日本語のスルーガイドとミート
はーーやれやれ。
最近のメディア系ツアーはほとんど添乗員がガイドの代わりを
しなければならないのだけどこのツアーは何せ高額
エコノミーで69万円ビジネスで99万円。。。
ガイドくらい付いてもいいのである。

アルルはお祭りだった。
町の人は民族衣装を着て続々と野外劇場に集まって来てる!
あーーーアルルの女そのものだ。。
DSC00086.jpg


午後はポンデュガールへ。
気温は36度。熱すぎる。。。
きれいな川に地元の子達が目の前で飛び込む飛び込む。
うらやましーーー

DSC00088.jpg


DSC00093.jpg


今晩から2泊のホテルはミシュランの☆付きレストランを持つ
オーベルジュドカサーニュ。
食事はとにかく楽しみなのだ
今晩は天気も良くゲストは全員テラスです
DSC00101.jpg

[ 2005/07/03 23:55 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(5)

7/2 ニース カンヌ マルセイユ エクス

今日はエクスまでガイド無し。
昔は南仏と言えば安めのツアーでも日本語スルーガイドが付いたのに
今は高額商品でも添乗員お任せが増えて残念。
いったいあの高額な旅行代金はどこに消えるのだろう???

カンヌでは映画祭会場周辺の有名映画人の残す手形チェックに
余念のないお客様。
はじめて行ったときは私も探した。
黒澤明 今村昌平 大島渚 日本人も頑張ってるのだ

お昼はマルセイユへ
港町だけありシーフードのブイヤベースがはずせない所。

DSC00067.jpg


午後はエクサンプロバンスへ。
ここでやっと日本人ガイドが登場。
でもなんか違和感?なぜ?
ミラボーからホテルに歩いて行こうというと
行けるんですか?とか
セザンヌのアトリエでなんか動きが悪い。。。

おそるおそる聞いてみるとマルセイユ在住の学生バイトだった!
びっくりしたけどかわいこちゃんだったのでいいや。
だんだんおっさん化していく自分がこわい。

DSC00071.jpg

[ 2005/07/02 11:30 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

7/1 ニースーモナコーエズーニース

DSC00032.jpg


午前中はモナコとモンテカルロの観光
ガイドはモナコグランプリの事とか王室のことなど
いろいろ話してくれてるけどどこか上の空の私。
頭の中はデューク更家の住んでる家はどこかなあ??とか
5年前右手の骨を折ってしまったおかげでホテルドパリに泊まる
ナイスなコースをキャンセルしちゃって惜しかったなーーなんて。

DSC00034.jpg


お昼はエズの眺めの良いレストランにて。
眺めがいいと不思議と美味しく感じてしまうので不思議。。。

午後はエズ村で観光なのですが、まず入り口にある香水の専門店「フラゴナール」にて香水の製造工程見学とショッピング。
ここのローズ石けんをしばらくつかってて今病みつき。。。
香りはもちろん洗い上がりのすべすべしっとりが最高なのです
今日はラベンダーとローズを購入。
お風呂が楽しみ♪

DSC00050.jpg


エズ村は鷹の巣村の名前の通り山頂にある村
だから眺めも最高なのです。
それにしてもいい天気だーー
[ 2005/07/01 23:19 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(1)
いらっしゃいまし。
日本ブログ村ランキング参加中。 クリックしてくださると天にも昇る幸せ♪
プロフィール

まゆまゆ  

  • Author:まゆまゆ  
  • ツアコンが天職だと信じて疑わなかったのに
    ラッテが我が家にやってきて離れられなくなりました。
    お仕事を変えて頑張ったけどママはやっぱり
    ツアコンなんだな~。
    お留守番!しっかり頼みましたぞ!ラッテさん♪
いくつになったの?
何歳になりましたか!
プレゼントはおやつでお願いします。笑
Sony Styleのすすめ!
PC買うならsonystyleって決めてます! 独自の保険があって3年間は手厚く保証が効くんですよ。 電話1本で引き取りにくるし、もう何回無料で修理してもらったかしら・・・♪
絶対お得。ソニラー必見!
楽天レンタルDVD
決め手は延滞料無料でしょう!
アメックス!
ゴールドカードを持っていたなら空港へのスーツケースの宅配が無料って知ってました??
アメリカン・エキスプレス
大好きMoMAstore
美しいものを発信してくれるMoMAstore この子達が我が家の生活の中に 溶け込んでくれると思うとドキドキ☆ 今なら5000円以上で送料無料!
MoMAstore ただいま愛用中! MoMAstore
大好きアールト!
クリスタルベースM 120m 我が家の花瓶!
ラージタンブラー2個セット 我が家のグラス!
両面ガーゼてぬぐい
食べこぼしもコレで安心(笑) 630円でポイント10倍!
リバーシブルでこのお値段! めちゃくちゃかわいい♪
手ぬぐいの祝儀袋
ダリアちゃんに教えてもらったの。 リサイクルの決定版!祝儀袋が和柄のてぬぐい。 これで1300円!喜ばれる事間違いなし!
ドイツのふきん『ブリッツ』
吸水性抜群! 今月で切れちゃうポイントはありませんか? もったいないから有効利用しちゃわなきゃ!
今月いっぱいなら送料無料でポイント10倍だよ!! いそがなくっちゃ♪ 我が家は桜ときのこ(赤)にしました!
UV革命知ってる?
今、テレビでやってたの。 化粧の上からスプレーするだけ!何回でも化粧直しのように日焼け止めができるんです!注文しちゃった!!
コラーゲンドリンク
コラーゲンにヘスペリジンという新発想! お肌が!髪が!つやつやになるんだと! お味はさわやか。めっちゃ美味しいの。
今ならキャンペーン中で送料無料。くわえて2本サービス キャンペーンコード「af90611」を入力すると「グリコ熟カレー夏味(8皿分)」がもれなくプレゼントされます!
Paper Pot&poketyセット
ラッテのトイレットペーパーポットはオレンジ色です! でね、もう一個はポケットティッシュ用のポット! コレは黄緑にしようかな~~♪2個で送料無料です!
カラフルなバケツ !【TUBTRUGS】
ビーチバックとして、バケツとして、おもちゃ入れとして、 車のトランクの整理に、洗車用に。なんにでもOK!
私はコーヒーカラーを車のトランク用に。 もうひとつ明るい色をお洗濯かごに買っちゃおうかな☆
ペレンネ バッグハンガー
ワンコと遊んでると荷物が多いからね。 バッグハンガーがあるとめちゃ便利♪
送料無料だって!
CyberBuzz
ジャパネットたかた
夜中にうっかり見始めちゃうとついつい2時間見続けてしまうのです。大型テレビはきっとジャパネットで買っちゃうな。金利手数料無しだもん!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
LOVEブランド♪
eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
モラタメ登録はこちらから。
新製品が送料のみで試せたり ラッキーならもらえちゃったり 楽しいサイト! 登録は無料です!
月別アーカイブ
★QRコード★
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム