ラッテmyラブ

ラッテと私と海外旅行。

8/19 帰国日

DSC00387.jpg

このホテルでの朝食は白ご飯など和食の準備があったため
毎朝ご飯に目玉焼きを焼いてもらってそれを乗っけお醤油で
卵ご飯をして食べるのが日々の楽しみでした。
今日で4日目。
食べ収め。来年ロシアが入ったらきっとまたこのホテル。
しばしのさらばじゃ。。。

チェックインはすごくスムーズ
やっぱアエロフロートではこうはいかない。
フィンランド航空だから。。

ヘルシンキ到着後次のフライトまで4時間半
お客様全員から街へ出たいとの声が。。。
前に個人で遊びに来たときは中央駅までのバスを利用したけど
今回はピギーバックなど手荷物も多くタクシーを
チャーターすることに決定。
9人まで乗れるジャンボタクシーで一時間50ユーロ
全部で二時間半チャーターして125ユーロ。
かなり良かったかも。

まずはオリンピックスタジアム
で、シベリウス公園。テンペリアウキオ教会
魚市場では30分ほどフリータイムをとって軽くランチを


私の食べたのはサーモンパエリア5ユーロでした。DSC00620.jpg


他にもフルーツや野菜の屋台など。
今日はほんとにいい天気。。。
DSC00619.jpg


最後は大聖堂の写真を元老院広場からぱちりとおさめ空港へ
DSC00621.jpg


機内では本当によく寝た。
この機内食を食べて込む前にトイレに立ち歯を磨いて
トレーを下げてもらう前に意識がなかったのです。。。
DSC00622.jpg

目が覚めたら二回目の食事のトレーが下げられる頃でした
ねすぎ。。。
ま、機内食の朝ごはんほどまずいものはないので食べなくていいんだけど。関空で改めて食べるおそばの美味しいこと。。

次回のツアーはドイツそれまで日本を満喫しなければ。。
スポンサーサイト
[ 2005/08/19 01:53 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(4)

8/18 ピョートル夏の宮殿 ほか ユスポフ邸まで

今日はまずピョートル夏の宮殿へ
通常バスで行くことが多いのですがこのコースは水中翼船にのって
アプローチ。約30分で到着です
到着後は庭園の見学。
歩いても良かったのですが脚の悪い方がいらしたため
特別に今回は自転車力車の利用です。

DSC00528.jpg

楽楽ーーー

DSC00520.jpg

DSC00522.jpg

森林浴気分を味わいながらお散歩。。

11時になるといっせいに噴水が上がるのです
DSC00530.jpg

DSC00540.jpg

DSC00543.jpg

DSC00546.jpg

夏は噴水が美しいためこのコースは宮殿内に入りません
秋になると庭の散策の代わりに宮殿に入ったりするのですが
ここの宮殿内はあんまり印象がなくて。。。
街に帰り残りの観光を
昼からまわる二つの観光地はほんとに内部の美しいところ
まず一箇所目、聖イサク寺院へ
ここは以前寺院として使われていたところですが
今はイコンもたくさんあり寺院博物館として公開されています
DSC00568.jpg

そして外観もきれいな血の上教会へ
DSC00575.jpg

ここも内部は薄い水色が印象的なフレスコ画で埋め尽くされきれいなのです
DSC00571.jpg

ちなみにどちらの見学地もカメラ券がそれぞれ50ルーブル必要です!

すこしホテルで休憩の後
最後の夜はユスポフ邸でのプライベートコンサートを
受けながら最後の晩餐です
食事の前にまず邸内見学。
個人の財産でこれほどの贅を尽くした館ができるなんて
ロシアンパワーは恐るべしです
まずリビングDSC00580.jpg

ここは書斎。シック!DSC00585.jpg

青の間DSC00593.jpg

赤の間DSC00595.jpg

白の間DSC00596.jpg

緑の間DSC00598.jpg

まだ続くの??DSC00599.jpg

ギャラリーがあったり
DSC00600.jpg

DSC00604.jpg

劇場があったりとても個人で所有していたものとは思えない規模です
もちろん今は国が所有管理しております。。

いよいよ食事。
彼らは私たちのためだけに約2時間コンサートを開いてくれます
贅沢。。。DSC00606.jpg

DSC00607.jpg

食事が終わると夕暮れが
21時30分くらいでしたが聖イサク寺院がきれいでした。。DSC00618.jpg

[ 2005/08/18 14:33 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(0)

8/17 エカテリーナ宮殿観光

ホテルからバスで45分で到着。
今日の団体入場予約時間は9時です
といってもすでに長蛇の列。
この人たちがほとんど同じ時間の予約を持ってるわけだから
私たちも並ぶほかないのです。
DSC00469.jpg

それでも20分も並んで入場。
中は写真もフラッシュも自由。
それはいいのですがなんと今年から琥珀の間の写真撮影が
前面禁止となりました。
前回写真撮っていてよかった。。。
↓前回撮影の写真です
04460208.jpg

もちろん他にも金ぴかの館内はきれーですけど。
DSC00462.jpg

化粧漆喰もきれい。
我が家もこんな感じに。。。無理か。
DSC00464.jpg

約1時間の観光の後はお庭を歩いておしまい
今日もお天気で館が青空に映えきれいでした
DSC00473.jpg


昼食は将軍で和食

午後は運河クルーズを
DSC00495.jpg

水面からの眺めはいつもと視線が違うくて新鮮
残念ながら今日は水位が高く運河の奥までは入っていけなかったのですが十分楽しめたのでした。
とにかく雲がすごかった。。。
DSC00497.jpg

DSC00498.jpg


早めにホテルに帰りスーパーへ
ロシアのお土産はやっぱスーパーでしょ。。
今回はグルジアの赤ワインを買いました。
それとアイスクリーム。。
見かけよりもずっと美味しくてニコニコなのです
DSC00504.jpg

今回のたびのヒットはグランドヨーロッパのレセプションスタッフの
エカテリーナ。
美人でいつも笑顔。ほんとにロシア人???
彼女のすごいところ。
絶対にNOといわないのです。
うーーーん。参った。。。。DSC00512.jpg

[ 2005/08/17 14:28 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(2)

8/16 エルミタージュ美術館観光

今日のエルミタージュの予約は11:30
ちょっとむかつくほど中途半端な時間。
ま、怒っても仕方ないのでそれまでは
観光でも。
DSC00388.jpg

イサク寺院まえの広場
ここの内部は後日入る予定です
ノストラの灯台付近で写真休憩を取るも私は熊使いのおじちゃんに
釘付け。
小熊とは言えおじちゃんにラブラブの熊が可愛くて。
ついつい手を出して触ってしまった。
可愛いようなきがする。。。
DSC00395.jpg

対岸からのエルミタージュ
DSC00398.jpg

予約の時間までまだだいぶあるけどとりあえず行ってみようと出発
なんと何のチェックも無くするっと入れました。
らっきー
館内はまさに建物自体が美術品
ここにくると作品そっちのけで象嵌細工の床や化粧漆喰の天井
これでもかと金箔仕様のレリーフ
天井のパステルカラーもジャンニベルサーチのモチーフに使われたで
あろうデザインのすばらしさ。
飽きることが無いのです
DSC00408.jpg

DSC00413.jpg

DSC00414.jpg

DSC00416.jpg

DSC00415.jpg

約3時間みっちり観光のあと3階の近代美術のコーナーは各自見ていただくことに。
マチスのdanceやゴッホの作品などここも垂涎の作ばかり。
DSC00421.jpg

DSC00422.jpg

午後はフリータイム
夕方からアストリアホテルへロシアンティーを頂きに
DSC00436.jpg

DSC00437.jpg

たっぷりのお茶と一緒にいただくのはたっぷりのスウィーツ
ロシアは食事のほかチョコレートやケーキが美味しいのも嬉しい国
そしてわざわざこのホテルまでお茶をするのには訳があるのです
DSC00433.jpg

このサモワール。この大きなポットからお湯を注ぐのがロシア風
ロシアンティーというと紅茶にジャムを混ぜたものと勘違いしてる
日本人が多いですがそんなロシア人は皆無
ジャムを口に含んで紅茶を飲む人はいてもジャムを混ぜたりはしません

しばしのティータイムのあとはマリンスキー劇場へ
今日の出し物はエイフマンバレエ団のドンキホーテ。
夏休みのマリンスキーは白鳥の湖級の退屈ものが多いのですが
今週は大当たり!!
アメリカでも大評判のエイフマンバレエです
チケットは普段の3倍
しかも満席。
感想はきれいで楽しかったーーーです。
DSC00439.jpg

DSC00448.jpg

DSC00452.jpg


写真右の女の子はアシスタントのZOYAちゃん
日本語ぺらぺら。
サンクトペテル大学の日本語学科で4年日本語を学んだ才女
来年から東京外語大学に留学も決まってます
(日本国が全額出資してもらい留学するのだと。)
気が利くし顔も可愛い。
恐るべしロシア人です。
DSC00455.jpg

[ 2005/08/16 02:39 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(3)

8/15 セルギエフパサードそしてサンクトへ

大好きな町「セルギエフパサード」へ
宗教色の強い町はヨーロッパにたくさんありますが
心惹かれるのです。
キリスト教徒でもないのにね。
普段宗教とまったく関係ない生活をしているので余計かもしれません
日本人ってある意味強いのかもしれません

そんなことを考えてるうちに到着
まずはマトリョーシカの工房へ
今日は見学のほか絵付け体験もするのです
DSC00332.jpg

絵付けのおばさん?お姉さんは確か2年前も同じ席に座ってました。。
今回
DSC00333.jpg

2年前
04460241.jpg

マトリョーシカは何も無いところから色をつけ始めます
基本色は赤。白。黒。黄色。緑。青。この6色
これらを混ぜ合わせ色を作っていくのです
平均年齢60歳の大人が皆必死。夢中。
子供に帰って一生懸命な1時間でした。
これは私の作品。とりあえず目に星をたっぷりいれました。
後ろは商品の子達
DSC00336.jpg

みんなの作品です
DSC00339.jpg

乾くまでそっとしましょう。

さ、次は観光です。
バスを降りて城壁沿いに歩いていくと前からお参り帰りの地元の方々
うーーん。おごそか。。。
DSC00341.jpg

城壁内で写真を撮りたい人は入り口でお金を払っていただきますが
100ルーブルでチケットと賛美歌の入ったCDがもらえます
これはお得!!
城壁内は建物の外であってもカメラ券がいりますので注意です
DSC00349.jpg

DSC00354.jpg

DSC00358.jpg

観光後は昼食をすませ空港へ
モスクワのシェレメチェボ空港はスーツケースの中身が盗難にあうことでも有名な嫌な空港です
で、今回は500円ほど払ってスーツケースをラッピングしてもらいました
写真撮っておけばよかった。。。
でっかいサランラップをぐるぐるするのです。。
気休めかも知れないけど一応。。
ベルーガキャビアも入れてるしね。。

サンクトペテルブルグのホテルはグランドヨーロッパの
クラッシックスーペリア。
結構狭いけどスタンダードよりは広いのです。
DSC00385.jpg

DSC00375.jpg

DSC00377.jpg

[ 2005/08/15 00:52 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(2)

8/14 モスクワ観光

ホテルを出発しまずはクレムリンを対岸からphoto stop
DSC00293.jpg

続いてヴァラビョーヴィの丘(雀ヶ丘)へ
モスクワの景色が一望できるのですが天気が良すぎて霞んでいまいちの眺め
DSC00294.jpg

ここはモスクワ大学前広場でたくさんの土産物屋さんも店を開いています。
DSC00298.jpg

このおばちゃんは手作りのマトリョーシカエプロンを売ってます。
なんでも60歳以上の定年後のおばちゃま達の作品だとか。
かわゆいーー(いらんけど)
DSC00297.jpg

ノボデヴィーチ修道院は池を挟んで対岸から。
写真にはばっちり。
ここは歴代の大帝たちが要らなくなった奥方を尼寺に送り込んだことでも有名。
いくら離婚が認められてないからといって尼寺送りとは。。。ひどい!
DSC00303.jpg


そして最後は赤の広場へ。
今日も聖ワシリー寺院は印象的
これぞロシアです
DSC00308.jpg

DSC00307.jpg


昼食はアーティスト経営のギャラリーにて。
ロシアの食事は日本人向きで美味しいのですが
ここのデザートのアップルパイは最高でした
DSC00317.jpg

午後はクレムリンの観光
いまだにクレムリン内の観光には写真券がいります
教会内部共通券は50ルーブル
武器庫は50ルーブルです
DSC00326.jpg

DSC00324.jpg

今日もたくさんの人でした。。

ホテルに帰り少し休憩
明るいときの部屋からの眺めはこんな感じDSC00327.jpg

[ 2005/08/14 15:16 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(2)

8/13 モスクワへ

今回の旅はロシア
名門ホテルに泊まることをうたってるツアーです
参加客は総勢6名
ちょうどお盆休みのさなかということもあり
現役でお仕事をお持ちのご夫婦3組です
参加費用は
エコノミークラスで859000円
ビジネスクラスで1239000円
いい旅になりますように。。。。。

フィンランド航空にてヘルシンキへ。
成田空港からアエロフロートの直行便が飛んでいますが
やはり機体、サービスに不安を覚える方も多く
また関空には就航していないということもあり
たいていフィンランド航空を使う傾向にあるようです。
ヨーロッパとはいえその玄関口。
わずか10時間で到着です
DSC00279.jpg

一度目の機内食。
実は離陸後爆睡してしまい気が付くと既に4時間経過後
機内の照明は落とされており皆お休みモード
なんか食べたかったなーーとギャレーに行くと
気の利くクルーが「そういえば貴女寝てて食べなかったわねーー」って
ミールを温めてくれたのでした。。(涙)
ミートボールおいちかった。。

再度爆睡・・・
目覚めると二度目の食事タイム
チキンカレーも悪くなかった。

DSC00280.jpg


そうそうフィンランド航空のエコノミークラスでは
機内食にチョイスはありません
みんなが同じものを食べるのです
もちろん前もって特別メニュー(宗教食とかベジタリアンとか)を
オーダーしていれば別ですが。

ここで次の飛行機に乗り継ぐのですが
お次はフィンランド航空とアエロフロートの共同運航便
で、機材もクルーもアエロフロート。。。
まあそんなに悪くは無かったです
ちなみに2時間40分のフライトでもコールドミールのサービスあり。
DSC00283.jpg


モスクワ到着後は入国審査。
事前にビザが取ってあるので心配は要りませんが
ほかの西洋諸国と比べれば入国審査官の愛想も良くないし
なんか居心地わるいよね。

パスポートと一緒に提出する書類は入国カードと出国カードが
一緒になったもので入国時、上半分の入国分が切り取られ
下半分の出国カードが残されます
そのカードの裏に宿泊ホテルのスタンプを押してもらわなければ
ならないのですがそれはまた後日。。。

それと税関申告書は3000ドル以上の持込がある場合のみ必要で
それ以外は免除になっておりまた楽になりました
一年一年楽になっていくーー

DSC00284.jpg

空港をあとにホテルへ
シェレメチェボ空港からモスクワ市内までは小一時間です

ホテルは5星
バルチュグケンピンスキー
お部屋からはクレムリンが一望できる
クレムリンデラックスルームです
DSC00285.jpg


お部屋にはお茶のセットとフルーツ。ミネラルウォーターを。
DSC00288.jpg


お部屋はゆったりとした広めのお部屋。
今日から2泊です
DSC00290.jpg

[ 2005/08/13 03:17 ] 休日 ロシア | TB(0) | CM(2)

8/8 帰国

オーストリア航空にて関西空港までは
直行便で12時間

機内食は二回
こんな感じ

DSC00168.jpg


DSC00170.jpg


この冬は関空線は飛ばないそうです。
まあ赤字路線なのは知ってたけど
淋しすぎる。。。
冬でも音楽会なんかで使い勝手が良かったのに残念です
来年春には再開しますように。。

このたいして美味しくもない機内食も見納めかも。。。
[ 2005/08/08 10:09 ] 休日 オーストリア | TB(0) | CM(6)

8/7 ウィーン観光

今日は晴れた!!
良かった。。
まずはシェーンブルン宮殿へ。
いつもはエリザベートに関するグランドツアーではなく
今回のエージェントはスタンダードコースのみなので楽チン
約半分の見学ですむのです。
で、お次はベルベレーデ宮殿へ。
ここはクリムトの接吻があるのでも有名ですが
館内には入らずお庭のみ。
メディア系お安めツアーでは良くあること。
お天気だからお庭だけでも十分きれいなのです。

DSC00140.jpg

DSC00144.jpg


午後はオプショナルツアーで美術史美術館へ
やっぱし宗教画はガイドの話を聞きながらじゃなくちゃね。
この美術館はそういった面ではお勧めの美術館です。
今日は日曜日でブティックがほとんどお休みだったので
余計参加者も多かったようです。

プログラムの締めはケーキでお茶。

DSC00154.jpg


本当はザッハトルテをいただくはずだったのですが
お客さんの分で売り切れちゃったから私はベリーのケーキになりました。

さて夜ですがホテルから歩いてシェーンブルンのオランジュリーにて
コンサート。ここはモーツアルトが演奏したことでも有名なところ。
約100分間楽しんでいただきました。

DSC00164.jpg


ホテルに帰り小腹がすいたのでアップルパイをルームサービス。
幸せなひと時。。
DSC00167.jpg


明日は帰国。
もうちょっとがんばろう。。
[ 2005/08/07 09:23 ] 休日 オーストリア | TB(0) | CM(2)

8/6 ザルツからウィーンへ

天気予報は雨
でも朝からいい天気。
ほんと天気がいいだけでハッピーになっちゃうなんて。
安上がり。。
と、思っていたらみるみる雨雲があらわれ、、、
ミラベル庭園まではなんとかセーフだったんだけど。

DSC00093.jpg

 
モーツアルトの生家を出るとかなりの雨
DSC00097.jpg


こいつも頑張ってるから私もがんばろう。。

ザルツでフリーがあるとよく行くお肉屋さんに行ってみた。
今日もすごいお客さん。
ここでレバーケーセをサンドイッチにしてもらって
広場で簡単なお昼ご飯にしたりするのですが美味しいの。。
今日はお昼の予定がこのあとあったので見るだけーー

DSC00099.jpg


そうそう。
私の大好きな映画にアマデウスというのがあるのですが
その中に出てくるチョコレート菓子。
その名も乳首チョコ
サイズは2つ。そして種類も2つ。
今日は小さいほうを2種類買ってみました。
いまから6年くらい前に同じ映画ファンのお客さんと
お店を探して買いに行ったのを思い出しちゃった。。
DSC00103.jpg


午後はザルツカンマーグートの観光
その中でも世界遺産の街「ハルシュタット」
ちょうど雨も上がり雨のおかげで緑も濃く本当にきれい。
バスから降りた所のトイレは有料で街の中心の観光局のトイレは
無料ですよってゆったらみんな無料をチョイス。。(笑)
DSC00107.jpg

この広場の左手の観光局の地下です。。

さらに街の奥まで頑張って歩くときれいな景色が。。。
DSC00111.jpg

この景色より奥に行っても代わり映えのしない景色なので
ここまで歩いたらユーターン。
一時間もフリータイムをとったら充分だね。

ここからウィーンまでトイレ休憩を一度取るのですが
やっぱし今日もケーキタイム。
5ユーロ分の金券もくれるしスィートもご馳走してくれる
ウィーンのサービスエリア大好きですの。。
DSC00128.jpg



ウィーンのホテルはルネッサンス。

シェーンブルンも近いし明日はコンサートにご案内しようかな。。。DSC00133.jpg

[ 2005/08/06 07:23 ] 休日 オーストリア | TB(0) | CM(2)

8/5 フュッセンからザルツブルグへ

フュッセンを出発しまもなく国境線。
そこはもうオーストリア。
今日最初の観光地はオーストリア、チロル地方の州都
インスブルック。
きゃあ☆
ここは12年前に来て以来初めて。
前回は夜に来て朝にでたから全然覚えてない。。
今回のガイドはMRルーク 英語のガイドです
この町にも日本人ガイドはいるんだけどタリフが違うとかで
残念ながら英語のガイドが用意されているのです。
でも大丈夫。
ガイディングは大好き。
お客さんのへえーーとかほーーとか感嘆の声を聞くのが好きなのです。
ただ一つ問題が。。。
それは写真が撮れないって事。
初めてにも近いこの町で写真を撮りながら歩けないなんて。
哀しいいい。
観光後フリータイムを取って(私のため?)
ばちばち取りました。
はーーすっきり。
DSC00080.jpg

イン川の眺め。この川に架かる橋というのがこの町の名前の由来です
DSC00086.jpg

この町のシンボル。黄金の小屋根。ハプスブルグのロイヤルボックス
DSC00073.jpg

その前にはバロックの美しいヘルプリングハウス
DSC00075.jpg

大聖堂な内部見学もしました。バロックが綺麗な18世紀の物DSC00068.jpg

この王宮にマリアテレジアはわずか2回しか来ていないとか。
もったいない。。。
DSC00067.jpg

ザルツ同様この街も看板がかわいらしいので有名です
DSC00077.jpg

街を離れる前に再度市民の塔を見ながら
今度はゆっくり来たいなーー。
来年夏にはチロル地方だけを回るコースをリクエストしようかな。。

ザルツブルグに向かう途中のサービスエリアにて。
オーストリアはケーキが美味しいのです。
トイレ休憩でもドライバーと二人で大忙しのティーブレイク
DSC00089.jpg

今日のホテルは「オーストリアトレンドエアポート」
街まで15分。空港の近くのホテル
今はザルツブルグ音楽祭の真っ最中で市中のホテルは無理なのです。
お部屋はこんな感じ
アメリカンタイプで居心地よしこです。
DSC00092.jpg

[ 2005/08/05 05:12 ] 休日 オーストリア | TB(0) | CM(5)

8/4 ローテンブルグからフュッセン

ローテンブルグはゆっくり出来ると最高なのに
メディア系大忙しツアーはさっくり移動していくのです。
それでも抵抗に抵抗をかさね9時半に街を出発。
出発前にちょっくら城壁の上へ。
実は今まで山盛りこの町には来てるけど
城壁には登った事が無くて登って見たかったんだ。。。
DSC00035.jpg

ロマンチック街道はバスから降りて実際に一つ一つ街の中を
歩くことが出来れば最高にロマンチックなんだけど
今回のツアーのように時間に追われるツアーでは無理な話。
どこがロマンチックなの?ってきかれるとつらい所。
ロマンチック街道は別名SST街道と呼ばれていて
Shopping Sleeping Toilet の頭文字を取った物ですが今回はまさにそれ。
でも牧歌的な景色は癒しの効果十分
DSC00043.jpg

寝て起きたらトイレ休憩でお買い物してで、また寝て、、、
ついたらノイシュバンシュタイン。
ルードビッヒ2世が建てた夢の城です。
結局彼は未完のこの城に100日ほどしか生活できなかったとか
夏場の今はミニバスを使い城の裏山へ
まずは城が美しく一望に出来るマリエン橋へ
DSC00049.jpg

そして今度は彼が幼少時代を過ごしたお父さんマクシミリアン2世の城
ホーエンシュバンガウを眼下に
DSC00051.jpg

予約制となり昔みたいにぼーっと並ばなくてよくなり
今は時間まで写真を撮ったりトイレを使ったり。
約40分間の見学は今回は日本語テープを聴きながら。
場内は写真禁止ですが場内から外の景色は許されています。
写真は先ほどこの城を見下ろしたマリエン橋の姿
DSC00053.jpg

見学後は15分の街フュッセンのホテルへ
「ルイトポルト」はまだ新しくお部屋も広くおおむね好評の
安心のホテル。私のお部屋はこんな感じ
DSC00061.jpg

DSC00062.jpg


ね。広いでしょ!!
[ 2005/08/04 04:14 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(3)

8/3 フランクフルトからローテンブルグ

何年ぶりだろう。
ほんと久しぶりのライン川クルーズ。
リューデスハイムからザンクトゴアーまでバスならたったの
30分の道のりなのに船で2時間のクルーズ。
一通り船内案内をし一階のラウンジにおりると
いたいた。添乗員さん♪
初めてお会いする添乗員さんでも話し出すと旧知の仲に
なっちゃうから不思議。
今後の動向。情報交換も兼ねて。。。
DSC00006.jpg

沢山のお城もそっちのけでおしゃべり
楽しいひととき。。。

ハイデルベルグで昼食の後、ハイデルベルグ城の観光。
そして旧市街。いつものエージェントなら日本語ガイドもつくけど
今回は添乗員のみでの案内。

古城街道を通って約一時間右に左にお城が。
はじめの頃微妙に順番が狂ってお城の名前を間違えたりしたもんだけど
懐かしいなーーー。
今回は時間の関係でツヴィンゲンベルグのみ写真ストップ。

DSC00011.jpg


ローテンブルグのホテルは城壁の中。
「シュランネ」ツアー客御用達のホテルだけど
ドイツのホテルはBカテでも水準が高いので安心
写真は私のちっちゃいお部屋。
DSC00016.jpg


夕食の後みんなで簡単な観光へ。
ここは30年戦争の時、旧教徒側の将軍に攻撃を受けた街
そのときこの町の市長が大酒飲みだったので何とか救われたっていう
お話が残ってて広場にはそれを表す仕掛け時計が。
21時からのそれを見て街をぶらぶら。。
DSC00023.jpg

ブルク門からの眺めは丁度、日没の頃で綺麗。
DSC00024.jpg

ブルク門には明かりが灯り中世の頃の雰囲気が。
DSC00030.jpg

昼間もとっても素敵だけど夜景も意外にすてきだったの。
デジカメラマンな私にはたまらない。。。
DSC00034.jpg

[ 2005/08/03 03:35 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(2)

8/2 ドイツへ

今回の旅はドイツオーストリア8日間
季節柄か36人中教師は24人
と、その家族が4人
全くの会社員が8人と偏ったメンバー。
学校の先生はこちらがきっちりしてれば
きっちり対応してくれるはずなので心配はしてないけど。

オーストリア航空にてまずはウィーンへ。
なんでもこの冬の関空路線は運休決定とか。
そのことで目の前に座った客室乗務員と話し込む。
彼女たちはウィーンベースだからあんまり関係ないそうだけど。
来春再度関空に帰ってくるかは謎。。。

機内食はそんなに悪くないDSC00001.jpg

DSC00002.jpg


三時間の待ち時間はゴールドラウンジでパソコンタイム
無料の無線ランが飛んでてこの空港大好きです。。

ホテルはフランクフルトの郊外
ACHAT  いかにもメディア系のホテルですが悪くない。。
DSC00003.jpg

DSC00004.jpg

[ 2005/08/02 04:42 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(3)
いらっしゃいまし。
日本ブログ村ランキング参加中。 クリックしてくださると天にも昇る幸せ♪
プロフィール

まゆまゆ  

  • Author:まゆまゆ  
  • ツアコンが天職だと信じて疑わなかったのに
    ラッテが我が家にやってきて離れられなくなりました。
    お仕事を変えて頑張ったけどママはやっぱり
    ツアコンなんだな~。
    お留守番!しっかり頼みましたぞ!ラッテさん♪
いくつになったの?
何歳になりましたか!
プレゼントはおやつでお願いします。笑
Sony Styleのすすめ!
PC買うならsonystyleって決めてます! 独自の保険があって3年間は手厚く保証が効くんですよ。 電話1本で引き取りにくるし、もう何回無料で修理してもらったかしら・・・♪
絶対お得。ソニラー必見!
楽天レンタルDVD
決め手は延滞料無料でしょう!
アメックス!
ゴールドカードを持っていたなら空港へのスーツケースの宅配が無料って知ってました??
アメリカン・エキスプレス
大好きMoMAstore
美しいものを発信してくれるMoMAstore この子達が我が家の生活の中に 溶け込んでくれると思うとドキドキ☆ 今なら5000円以上で送料無料!
MoMAstore ただいま愛用中! MoMAstore
大好きアールト!
クリスタルベースM 120m 我が家の花瓶!
ラージタンブラー2個セット 我が家のグラス!
両面ガーゼてぬぐい
食べこぼしもコレで安心(笑) 630円でポイント10倍!
リバーシブルでこのお値段! めちゃくちゃかわいい♪
手ぬぐいの祝儀袋
ダリアちゃんに教えてもらったの。 リサイクルの決定版!祝儀袋が和柄のてぬぐい。 これで1300円!喜ばれる事間違いなし!
ドイツのふきん『ブリッツ』
吸水性抜群! 今月で切れちゃうポイントはありませんか? もったいないから有効利用しちゃわなきゃ!
今月いっぱいなら送料無料でポイント10倍だよ!! いそがなくっちゃ♪ 我が家は桜ときのこ(赤)にしました!
UV革命知ってる?
今、テレビでやってたの。 化粧の上からスプレーするだけ!何回でも化粧直しのように日焼け止めができるんです!注文しちゃった!!
コラーゲンドリンク
コラーゲンにヘスペリジンという新発想! お肌が!髪が!つやつやになるんだと! お味はさわやか。めっちゃ美味しいの。
今ならキャンペーン中で送料無料。くわえて2本サービス キャンペーンコード「af90611」を入力すると「グリコ熟カレー夏味(8皿分)」がもれなくプレゼントされます!
Paper Pot&poketyセット
ラッテのトイレットペーパーポットはオレンジ色です! でね、もう一個はポケットティッシュ用のポット! コレは黄緑にしようかな~~♪2個で送料無料です!
カラフルなバケツ !【TUBTRUGS】
ビーチバックとして、バケツとして、おもちゃ入れとして、 車のトランクの整理に、洗車用に。なんにでもOK!
私はコーヒーカラーを車のトランク用に。 もうひとつ明るい色をお洗濯かごに買っちゃおうかな☆
ペレンネ バッグハンガー
ワンコと遊んでると荷物が多いからね。 バッグハンガーがあるとめちゃ便利♪
送料無料だって!
CyberBuzz
ジャパネットたかた
夜中にうっかり見始めちゃうとついつい2時間見続けてしまうのです。大型テレビはきっとジャパネットで買っちゃうな。金利手数料無しだもん!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
LOVEブランド♪
eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ
カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モラタメ登録はこちらから。
新製品が送料のみで試せたり ラッキーならもらえちゃったり 楽しいサイト! 登録は無料です!
月別アーカイブ
★QRコード★
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム