ラッテmyラブ

ラッテと私と海外旅行。

9/30 ロッキー観光

朝は少し心配な小雨モードからのスタート。
天気予報は晴れだし。期待しちゃォ
DSC01162.jpgDSC01163.jpg

まずはレイクルイーズへ。
まだまだお天気は曇りがちでいまひとつ。
でも私は信じてるの天気予報を!晴れて!晴れて!晴れてーーー!!DSC01170.jpg

続いてバスが向かったのはペイトレイク。ココはいつ来てもミルキーブルーの美しい湖。DSC01172.jpg

初めて訪れたときガイドさんが「バスクリンが混ざってるんですよ!」
って笑いをとっていたのを思い出しちゃいます
DSC01171.jpgDSC01174.jpg

先日からお天気が崩れていて結構雪が降ったみたいで辺りはまだ雪模様でしたDSC01178.jpgDSC01180.jpg
だんだんと青空が見えてきたりしてわくわく。ウキウキ。信じてよかった!
DSC01188.jpgDSC01192.jpg

ビッグベントは北米最大のヘアピンカーブを上りきったところからの眺めです。きれい!
氷河観光の前に腹ごしらえ。
お決まりのシャレーレストランでバイキングを。
彼女はバンフのベテランガイド。めちゃめちゃかわゆい女性なのです。
美味しそうにパクパク食べてくれました。いい子だねえ。。。DSC01196.jpgDSC01197.jpg

食後はいよいよコロンビア大氷原の支流アサバスカ氷河の雪上車観光です。
DSC01224.jpgDSC01208.jpg

雪上車のタイヤってでっかいんだよねー。
先日まで雪が降っていたのでゆきが真っ白できれい。
青空でホントラッキーですね。
DSC01219.jpgDSC01212.jpg

帰りはボウレイクに寄って小休止をして帰ってきました。
お天気ならもっときれいなんですが曇りだったので。。。
DSC01232.jpgDSC01233.jpg

バンフの町で少しフリータイムをとって晩御飯は和食です。
DSC01253.jpgDSC01254.jpgDSC01255.jpgDSC01256.jpgDSC01257.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/09/30 03:50 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(0)

9/29 トロントから飛行機移動です☆

アルゴンキンを出てトロントへ。
今日もいい天気。DSC01142.jpg


途中のトイレストップではマクドナルドを利用。
日本なら苦情がきそうだけどカナダではスルー。
なんも言われません。
もっともみんなポテトやコーヒーそれにアイスクリームなど
買ってくれたからな。。。
カナダのマクドナルドはエムの中に国のシンボルかえでが光ってます。DSC01144.jpg


トロントからカルガリーまではエアカナダで約4時間のフライト
時差が2時間あり今日は一日26時間となるのです。

カルガリーからバンフ国立公園まではバスで約2時間
移動で一日がなくなっちゃってもったいないって言われますが
カナダの国土は日本の27倍。
こんな日が生まれても仕方ないんですよ!

きょうからのホテルはバンフのシンボル
バンフスプリングホテルです
この時期まだまだ観光客が多くよくあることですが
私の部屋は本館には取ってもらえず別館に。DSC01161.jpg


カンファレンスセンターの一室。
一人で使うにはもったいなすぎるお部屋です。

DSC01155.jpgDSC01153.jpg



夕食はホテルのメインダイニングでチョイスメニューです。
DSC01156.jpgDSC01157.jpgDSC01158.jpgDSC01159.jpg

[ 2005/09/29 03:03 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(0)

9/28 アルゴンキン国立公園

DSC01065.jpgDSC01068.jpg

こんないい天気で最後の紅葉チャンスは始まったの。
アルゴンキン国立公園は東の紅葉地区の中でも特に紅葉が早い地区。
嫌が上にも期待が高まります。
だってラストチャンスだよーー

今日のお昼は和食弁当DSC01067.jpg

お腹も一杯になり日本人ガイドと一緒にハイキングタイム!
バスを一歩降りるとそこは・・・・
希望通りの世界でした。
はああーーー。
きれいーーーーーー。

DSC01076.jpgDSC01078.jpg

DSC01080.jpgDSC01081.jpg

DSC01107.jpgDSC01109.jpg

はーーーーー。ため息。。。。

正直これで肩の荷が降りました。
カッコついたってとこかな。。。。
お客様ももちろん私もニコニコ。。

今晩のホテルはディアハーストリゾート。
今回は湖が望めるレイクショアータワーです
お部屋からはこんな眺め。お部屋はジャグージつきの広々♪
DSC01131.jpgDSC01129.jpg


夕食はメインダイニングでDSC01136.jpg


DSC01132.jpgDSC01133.jpgDSC01134.jpgDSC01135.jpg


それにしてもいい日でした。DSC01125.jpg

[ 2005/09/28 02:32 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(0)

9/27 やっと晴れた。オタワへ!

朝、窓を開けると雨がやんでおり代わりに青空が。
へえーーー。
この湖こんなにきれいだったんだーー。
DSC01008.jpgDSC01009.jpg

空には水上飛行機がぶんぶん飛び回ってます。
昨日は天気が悪く飛べなかったからなんか嬉しそう。。

途中、モンテベッロにて昼食をとるのですが時間もあるので写真休憩を何度か挟みながら。。。昨日の雨の後なので余計にきれいな景色たち。
DSC01011.jpg


昼食はシャトーモンテベロにて。
バイキングなのですが私はここのデザートバフェが大好き。
ちょっとずつ気がつくとまた今日もやまもり・・・
DSC01017.jpgDSC01020.jpg

昼食の後はオタワ。ホテルはランドマーク的存在なシャトーローリエです
昨日はカナダの総督が決まった日でもあるので町はいつもにも増してカナダ国旗で埋め尽くされています。DSC01024.jpg国会議事堂です
展望台からの眺めもきれい。DSC01027.jpg

バイワード市場にも行くのですが州税のかかるこの国カナダ。
青空テントの出店で買うと税金がかからないんだって。
知らなかった。。。
季節柄可愛くペイントされたかぼちゃや食べ物とは思えないパプリカなど

DSC01032.jpgDSC01030.jpg


お部屋は町のど真ん中にしては狭くなくスーツケースも十分広げられますよ。ロビーも広々、お客様には評判いいのです。
DSC01037.jpgDSC01045.jpg


夕食はメインダイニングでおしゃれをして。
まずは大好きなクラムチャウダー。メインはリブ。めちゃ柔らかくて安心。。デザートはベリーのタルトでした。

DSC01039.jpgDSC01040.jpgDSC01041.jpg


夕食の後、夜景を見にお外へ。
国会議事堂の夜景と、ホテルの夜景です。
DSC01044.jpgDSC01049.jpg

[ 2005/09/27 00:33 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(3)

9/26 雨のロレンシャン

朝から雨。
わかってはいたけど雨だよ。
午前中はお部屋でマッタリタイムだったのでその間に雨がやむことを
期待したけど甘く雨は本降りに。
まず最初は砂糖小屋での昼食。
この東では必ず砂糖小屋でメープルシロップ尽くしの料理を
食べるんだけどはっきり言って不味い。
ってかうまくない。
だからイベントとして食べてもらうのです。

DSC00975.jpg

見えてないけどモンサンミッシェルのふわふわオムレツ的なオムレツの上にしょっぱい豚のベーコン。。
他にもサラダとか煮豆なんかが振舞われるのですがもともと村の人たちが春の到来を祝ったお祭りのときのメニュー。
旅行中1回ならまあ良しとしましょう。
DSC00979.jpgこんなBARは雰囲気いいですよね。
裏山はまだまだ青くて涙DSC00983.jpg


食後はモントランブラン村へ
ここもお天気ならお買い物に写真に展望にと楽しいところですが
じゃじゃぶりの雨では。。。
こんな日もあるよね。。
DSC00993.jpg普段なら活気のある村も雨では・・・・
仕方無くみんなの希望でスーパーへ。
もうじきハロウィンだし誰がこんなに買うのか山盛りのかぼちゃが。
各家庭でくりぬいて作るんかな?DSC00996.jpg

[ 2005/09/26 23:47 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(0)

9/25 モントリオールからロレンシャンへ

DSC00912.jpgフランス語圏のお楽しみ。
                                美味しいパン

曇り空の中観光にスタートですが天気予報は午後から大雨。
ひとまず内緒にしておこう。。。


DSC00914.jpgDSC00929.jpgDSC00934.jpg

聖ヨゼフ修道院も  モントリオールの眺めも  ジャックカルティエ広場も曇りだとぱっとしない・・・


リスの登場に盛り上がるもつかの間DSC00928.jpg

DSC00935.jpg曇りが似合うのはこんな小路。フランス系って感じ。

昼食は中華。
MR MAの店は平日はビジネスマンでいっぱいですDSC00940.jpg


お店の人がおとりわけをしてくれるので衛生的で遠慮も要らずベリーグッド!
DSC00936.jpgDSC00937.jpgDSC00938.jpg

アボガドと海老のサラダ    かにのスープ      メインを4種盛りに
デザートはフォーチュンクッキーとミントチョコ。それとフルーツでした。。DSC00939.jpg

レストランを出ると小雨。
本降りになる前にノートルダムドモンレアル教会へ
今日は日曜日で午前中はミサをやっていたので午後にまわしたのでした。
DSC00942.jpgDSC00952.jpg

外観は地味でも内部は目の覚めるようなロイヤルブルー
ここではセリーヌディオンも結婚式を挙げたんですよ。

無事観光終了後は一路ローレンシャン高原へ
例年なら紅葉も7割ほど進んでていいのですが今年は期待せずに行ったほうがよさそう。
DSC00958.jpgDSC00965.jpg

宿泊のホテルは Le Grand Lodge 全室スイートタイプです
ベッドルームもバスルームも2つずつ。
友達でも呼んで騒ぎたいところではあるがここはカナダ。。。。

夕食はプライムリブステーキ。悪く無かったよ。DSC00966.jpg

食後はロビーのファイヤープレイスでPCタイム
無線ランが飛んでて無料でアクセスできるのです。
DSC00973.jpg

[ 2005/09/25 23:43 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(9)

9/24 イースタンタウンシップス

紅葉の名所
イースタンタウンシップスへ。
言ってて恥ずかしくなるほどの緑の木々。
紅葉してないけど行くといったら行くんです。

昼食の前に少しフリータイムをとった町はノールトン
湖の景色は美しいのですがなんせ紅葉してないから反応がいまひとつ

DSC00860.jpg


広場では地元の物産展。DSC00859.jpg


いろいろ試食の結果私は左下のライチのジャムをチョイス。
まんまライチの味がしておいしかったの。。

昼食は湖の眺めが美しい
Auberge Quilliams にて
DSC00863.jpgDSC00865.jpgDSC00866.jpg

鴨のパテ               鴨のコンフィ             チョコケーキ
DSC00872.jpgDSC00877.jpg


お天気だとホントきれいだと思うけど紅葉じゃなきゃ駄目らしい。。一部こんな紅葉ならあるんだけど。。

午後はバスでさらに奥へ
DSC00880.jpgサンベノワ修道院へ
ここで各自自由に見学をしていただくのですが
私の視線は修道院よりももっぱら近所で開催中のリンゴ祭りに。。


DSC00883.jpgDSC00884.jpg

え??マッキントッシュってパソコンの??       いったいどれくらい買うんすか?

リンゴ狩りは所定の入場料がいるのですがツーリストだしほんの一個だけでいいんだけどって言ったら自由にどうぞって。
自由すぎるるるるーーー。

で、この木でちょっと試食。。
DSC00887.jpgDSC00894.jpg

                             この子をパクリ!ーーーーー→すっぱい!

で、このすっぱい子たちは袋で買われてお家でジャムになったりリンゴ酒になったり変身するんだとか。DSC00886.jpgDSC00885.jpg

気になっちゃうので買いました。     リンゴのコンポート。。

DSC00902.jpg

結局、紅葉は不発に終わりモントリオールへ。
夕食までしばしお買い物を。

夕食はホテルにて
DSC00907.jpgDSC00910.jpgDSC00911.jpg

野菜のミルフィーユ(トマトの味が強かった)シーフードのブイヤベース(日本人って好きよね。) フルーツとシャーベット。  
[ 2005/09/24 23:16 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(3)

9/23 紅葉のカナダ周遊10

今年の紅葉は早いとか遅いとか毎年話題に上がるのですが
9/23出発なんて早すぎると思うのですが。。。
ま、出発です。

今回はエコノミークラス618000円×6名
ビジネスクラス928000円×8名 の合計14名

むづかしい方もおられないようなのでひとまず安心。。

エアカナダ36便にてバンクーバーまで9時間
ビジネスのシートはA-DF-HK 窓側のカップル席が少ないのが問題。
エコノミーはAC-DEF-HK 添乗員としてはせき割りしやすくよいです。

今日の機内食は
DSC00846.jpgこれは一回目
お友達のお魚(上)もゲスト出演 私のはチキン(下)です。
味?ハーゲンダッツのアイスは美味しかったです。ぐふ。。。

DSC00847.jpg二回目は和食にしました。

入国後モントリオール便までは4時間ほど待ち合わせ。
スターアライアンスのゴールドラウンジでしばしのPCブレイク
DSC00848.jpgDSC00849.jpg


モントリオールまではエアカナダ112便にて約4時間
日本との時差は13時間です
機内では軽食がでます。
DSC00850.jpgまあ、まずい。

ホテルは中央駅の真上。
フェアモントクイーンエリザベスホテルです。
お部屋は改装されシックに生まれ変わってて安心しました。
DSC00851.jpgDSC00852.jpg

お部屋におにぎりとお茶の軽食を。DSC00853.jpg

[ 2005/09/23 08:32 ] 添乗業務 カナダ | TB(0) | CM(2)

9/17-18 帰国

エールフランスにてニースからパリへ。
約2時間のフライト。
免税品は全員がスーツケースの中に入れられたようだ
ということはニースで手続きが終わってしまうので
あと、パリで楽に!よかった。
手続きはビジネスの方が半分いらしたし個人チェックインに。
結構スムーズに終わり一安心。
エコノミーの方も希望通りのシートがもらえたみたい。
出発までの間、お買い物を楽しまれるわけですが
中の免税店でも免税でお買い物をしてもらえるように日本に帰る分の
チケットも渡しておくことに。
私はワールドパークスのプラチナカードを持ってラウンジへ。
無事ドゴールに着き乗り継ぎ。
関西空港までは約11時間のフライト。

機内食はこんな感じ

DSC00647.jpg


二回目の食事はどうせまずい卵料理なのでパス。
関空に着いたら美味しいおそばを食べるんだ!

[ 2005/09/17 10:44 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(4)

9/16 ニース市内観光

最終日はニースの半日市内観光。
せっかく今までお天気だったのに今日は雲行きが怪しく
曇り空。
もう少し我慢してて!
DSC00599.jpg

モンボロンからの眺めもいまひとつ。。。
やっぱ青空がいいよね。
丘から降りて旧市街の市場へ。
もうセップ茸が出回ってて秋の訪れを感じました。
DSC00600.jpgDSC00601.jpg

ドライにしたラベンダーが売られているあたりいかにも南仏ですね。

DSC00008.jpgそしてシャガール美術館へ
シャガールはあまり好きではないですがこの12星座をモチーフにしたモザイクは好き。こういうのってつい向きになっておうし座を探しちゃうのよね。これは山羊だ、あ!これは羊だ!え??牛は?なんてね。

午前中の観光は終わり昼食へ
ランチはフリーだったので皆思い思いに。
一組のご夫婦がイタリアンに行きたいということでご一緒することに
「ヴィラデステ」なかなかまともなイタリアンのお店です。

頼んだのはピザとスパゲッティペスカトーレ。
まずピザを3人でシェアして食べ終わったころスパゲッティの登場。
なんと直径45センチくらいのお皿に山盛りのスパゲッティ。
絶句!!
3人でシェアすることにしててよかった!
味はかなりいけてました。
おいしかったの。値段は軽く3人前あるスパゲッティで17ユーロなのでお得!!
DSC00605.jpgDSC00607.jpg

[ 2005/09/16 12:19 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

9/15 カンヌ・アンチーブ・そしてニース

エクスを出てカンヌへ。
なんだか渋滞にはまってしまい疲れてしまったけど何とか
カンヌ映画祭会場までは到着。
DSC00534.jpgちょうどクルーザーフェアーもやってました。
そしてアンチーブへ。
アンチ巨人などアンチ○○の発祥になったアンチーブ
湾をはさんでニースの反対に位置することから反対のって言う意味を持つのです。
ここも港にはいつもヨットがたくさん停まっててホント素敵なところ
DSC00536.jpg

街中の朝市はちょうど店じまいをする前の商いでめちゃ盛り上がってました。
DSC00547.jpgDSC00545.jpg
野菜にサラミ

DSC00540.jpgDSC00539.jpg

これはプロバンスの人の定番。オリーブのペースト。これと冷たく冷やしたシャンパンは食前に欠かせない取り合わせなのです

昼食は港の脇のビストロにて
DSC00550.jpgDSC00552.jpgDSC00553.jpg

まずニース風サラダ。       そして野菜の肉詰め(ファルシー)      フロマージュブラン  です。

ランチ後はこの街のピカソ美術館へ
晩年のものが中心ですが、ここは彼の作品もさることながら館内から見える海の景色の素晴らしいこと。
DSC00554.jpgDSC00555.jpg感動でしょ!

そしてラッキーにもニコラス・スティールの特別展をやってて
スティールの青につかの間浸ることが出来たのでした。
彼本人も素敵ですね。ぐふ。。。DSC00570.jpg


ホテルは今日から2連泊。
お買い物には最高の立地 ボスコロプラザです
夕食はホテルメーテルリンクへ。
ここはその名の通りベルギーの作家メーテルリンクが所有していた
別荘をホテルにしたもの。
ここのメインダイニングがいつも本当に素敵なのです

「Le Melisande」は海辺に面する絶壁の上にあり明るい昼間ももちろんですが
暗くなってからも素敵なのです
DSC00595.jpg



DSC00586.jpgDSC00587.jpgDSC00588.jpg

まずアミューズは冷たいにんにくのスープ そしてオマールのスモークサーモン包み  メインはスズキのグリルとクリームリゾット  おいしかとです。。
デザートも見て!見て!DSC00589.jpgDSC00591.jpg

                  二種類のチョコレートのタルトそしてプチフールの数々。   
完璧な夕食でした。  
いい夢みれそう。。
[ 2005/09/15 10:19 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(0)

9/14 アルルからマルセイユそしてエクサンプロバンスへ

今日の観光はアルルからスタート。
しかも円形競技場の内部観光から。
ヤッター!
何度も来ているアルルではありますが中に入るのは初めて。
だって普通は外観のみで内部に入るプログラムって無いんだもん。。
うれしい。。。
DSC00480.jpgとはいってもよくある内部。
ローマ人たちは昔から遊ぶことには貪欲だったのです。
お風呂も好きだし理解できるよ。ローマ人。。

一番上まで上がっていくと眺めがよく放射線状に伸びた小路や遠くの運河まで見渡せるのです
DSC00481.jpg


この後はフォーラム広場へ
この町はゴッホが一時期を過ごした町ということでいたるところに
彼の痕跡がありそれを町も売りにしています。
この広場ではやはり星空のカフェ(夜のカフェともいう)を
バックに写真撮影を忘れるわけにはいけませんね。
DSC00483.jpg


朝10時くらいの観光でしたが町は人も少なく犬くらいしか会わなかった気がする。。。。
DSC00485.jpgDSC00486.jpg


この町を離れ昼食のためにマルセイユへ
ちょうど魚市場が店じまいをする頃で売れ残りの魚を狙ったかもめで
波止場はいっぱい。
お天気に海にカモメにヨット。出来すぎですな。
DSC00488.jpgDSC00489.jpg


今日のランチは旧港に面したレストランにて
本場ブイヤベースです
DSC00491.jpgDSC00492.jpgDSC00495.jpg

まずパンににんにくのペーストを塗り待機。そこにスープが注がれるのです。
次にブイヤベース。主には貝や海老それにお魚など。既に美味しい所はスープで頂いてしまってるのですがおいしいですよ。
黄色いのはサフランによるもの。
最後のデザートはケーキ。フツーでした。。。。。
DSC00506.jpgDSC00511.jpg
さあ。午後一番はエクスへ。
ここではまずセザンヌのアトリエへ行くのですが木立の中にありとっても素敵な場所。

お庭のどこに居ても木漏れ日が降り注ぎリラックスするのです。
内部は予約制でガイドと共に。
何度も訪れてると館内はどうでもよくてこのお庭でボーっとして居たくなるのです。ホント癒されるのです。
そしていつも我が物顔で日向ぼっこをする猫セザンヌさん。
勝手にそう呼んでるのですが彼女がまた癒しに一役買ってくれるのです

DSC00504.jpgDSC00510.jpg


そして街へ。まずはミラボー大通りからスタートです
ピーターメールの南仏プロヴァンス12ヶ月でも登場するこの通り。
この時期はプラタナスの木陰が出来て素敵なのです
お話に出てくるカフェドゥギャルソンは若い女の子がお茶を楽しんでいたりまるでお話の中そのもの。
DSC00513.jpgDSC00517.jpg

観光しながら街の中を歩くのですがこの街小さい割りにお金持ちが多くブティックもかなりおしゃれ。はぐれずに歩くのが大変なんです。
だってこんな家具屋さんとかあったら立ち止まっちゃうでしょ!DSC00520.jpg
DSC00524.jpgDSC00525.jpg

時計塔の下をくぐり・・・・              教会の脇を抜けて・・・ホテルへ。
[ 2005/09/14 11:15 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(0)

9/13 プロヴァンスの村めぐり

まずはサンレミドプロバンスへ
ノストラダムスの生家や泉のある町ですが
朝早く人も少なく気持ちのいい朝。
歩いていても気持ちいい♪
DSC00379.jpgDSC00386.jpg

ニャン様たちも我が物顔に通りをお通り。
カメラをもって近づくと逃げてしまわれるのに子供には別?なのか。。
DSC00391.jpgチェッいいな。。

車も人も少ないとあるっていても鼻歌が。
パン屋さんもテーブルワインの店も開店休業状態。
DSC00382.jpgDSC00384.jpg


誰も居ないと思っていたら・・・
いた!おじちゃま達
DSC00393.jpg

カードゲームに夢中だったり新聞読んでたりコーヒータイムだったみたい。
カメラ目線サンキュ!

サンレミにきたら忘れちゃいけないところが。
ここはゴッホが南フランスの終焉を過ごした場所。
アルルでゴーギャンともめ自分の耳を切り落としたりした末
狂人とみなされ連れてこられた精神病院があるのです

正確には修道院なのですがここを題材にもたくさんの作品を
残しているのでも有名ですね。
当時の院長にゴッホはたくさんの絵を送っているのですが
残念ながら院長の息子の代になりそれらは大部分処分されて
しまってるのだとか。
狂人の書いたものなど要らないと・・・
もったいないはなし。

DSC00402.jpg


中に入ると修道院の回廊は美しい柱頭を持っておりその一本一本に特徴が。
DSC00398.jpgDSC00399.jpg

厳かなこの風景をゴッホも見たはずですが彼は何を感じ何を考えたのでしょうか。

そしてレボー・ド・プロヴァンスへ
今日も大変な観光客の数でした。
思い思いに散策を楽しんでいただき私はオリーブオイルのお買い物へ。
ここは毎年賞を取るほどのオリーブオイルやさんです
DSC00422.jpgDSC00410.jpg

お買い物のあとは時間までぶらぶら。。
山の上の天然の要塞という表現がぴったりの村。
一本脇に入った小道に絶好の写真ポイントが潜んでいるのです
DSC00409.jpgDSC00408.jpg


さあ!今日の昼食は今回の旅の事実上クライマックスとも言えるレストランにて
ミシュランの☆付きレストラン
Oustau de Baumaniere
エントランスはこんな感じ。
素敵なアーチを抜けてレストランへDSC00462.jpg

DSC00437.jpgDSC00429.jpg
ワクワク
アミューズは2種類・熱々のパイ
DSC00432.jpgDSC00433.jpgDSC00436.jpg

                    きのこのラビオリときのこのクリームソース
                    オマール海老とラタトィユ いずれもそつの無い美味しさ

DSC00444.jpgそしてメインディッシュは感動の子羊のパイ包みこんなに柔らかくてこんなに癖の無いラムはどこに行ったら手に入るの?的な極上の一品でした

そして本当の実力はデザート。そう。パテシエの力量で決まるとさえも言われます。ここのデザートはフルーツをたっぷり使ったもの。
かなり満腹の私達に程よい甘さで結局全部食べちゃうのです
DSC00449.jpgDSC00447.jpgDSC00450.jpg

コーヒーと共にプチフールも。そしてチョコも完璧!!!

<番外編>
トイレって気になりませんか?こんな感じ
DSC00431.jpgDSC00451.jpg

                          こんな感じのソファスペースもありお泊りの方のスペースになってます

今度はプライベートで来ることにしようと誓うのでした。

ホテルに帰る前にフォンビエイユのドーデの風車小屋へ
お天気がよすぎてなんだかメリハリの無い写真になってしまった
DSC00463.jpg

明日も天気になるといいな。
[ 2005/09/13 06:47 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(2)

9/12 ポンデュガールーアヴィニョン

早朝、ふと目覚める。
なんだか窓の向こうが赤い。
めがねを探してとりあえずベランダへ。
きゃあーー真っ赤!
DSC00321.jpg今日もきっといい天気!

今日の最初の観光地はポンデュガールへ
ガイドの提案で右岸でバスを降りて左岸へ歩いて観光しながら
移動することに。
大抵左岸で降りて左岸から出発ってことが多かったんだけど
水道橋の写真を撮るには一旦右岸のほうに行ったほうがいいため
みんなわざわざ右岸に行ってたのです。
それが今回のコースで歩けばすごくスムーズ!
結果歩く距離も少なく済むし。
今度からこうしよう!!
右岸からの眺めDSC00331.jpgこの橋を渡って向こう側へ(左岸)

ここから少し走った村でお昼ご飯。
葡萄畑の真ん中の食堂はいい感じ
DSC00336.jpgDSC00337.jpg


La Begude Poulonにて
DSC00332.jpgDSC00341.jpgDSC00342.jpg

オリーブのパイ           仔牛のシチュー           レモンパイ(食べかけ)

食後は敷地内の屋台で果物を物色したり葡萄畑で勝手に葡萄をつまんだり。。。
美味しいワインは美味しい葡萄から出来るんだね!
DSC00333.jpg

DSC00344.jpgDSC00345.jpg

楽しいひと時の後はシャトーヌフドパップへ
ここは法王庁がアビニョンに移った時代に法王庁御用達になったワインを作り続ける村です。AOCのいわゆる高級ワインですよ。
ワインカーブで製造工程の見学を。
DSC00357.jpgDSC00349.jpg

その後はお待ちかね試飲です。
まずは白ワイン。
DSC00352.jpgグラスを傾けてまずは輝きを。
次に鼻をグラスに近づけて香りをかぎ次に鼻を深く入れて香りを。
グラスを時計回りと反対に数回回して涙のチェックも忘れずに。
ワインは奥が深いのです(エヘン!)
DSC00354.jpgはい!赤ワインも同様にーーーー!!
DSC00358.jpgDSC00359.jpg

村はワインの収穫で一番忙しい時期です。たくさんの収穫トラックが行きかいます。


ホテルに入る前にサンベネゼ橋の写真を。DSC00362.jpg


ホテルの夕食をご紹介
DSC00367.jpgDSC00368.jpgDSC00370.jpg

野菜の熱々パイ(美味しかった)   アンコウのソテーとラタトィユ   ヌガーアイス
DSC00369.jpgお誕生日のお客様にはサプライズのデザートを!
[ 2005/09/12 06:22 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(0)

9/11 トゥールーズ・カルカッソンヌ

DSC00257.jpg

あれれーーー???
雨は?どこ?
夜中にすんごく降ったみたいでかなり晴れてますけど。
こうなるとみんなニコニコ。
トゥールーズは歩いての観光なのでよかったーーー。
ホテルの前の広場からスタートです。
日曜日の午前中は驚くほど静か
まだみんな寝てるのかも。。
DSC00258.jpg

ヴィクトルユーゴー市場は既にオープン。
食材を見ながらひとつひとつ説明を入れてくれるガイドさんは
なかなかツボのわかる女の子。
お客様の質問にもなかなか的確。
DSC00260.jpg
チーズもたっくさん。

名物料理カスレに欠かせないアヒルの足DSC00261.jpg

DSC00262.jpg
美味しそう。。。なフォアグラ。

スィートLOVEDSC00263.jpg

一般家庭の台所を覗いたところで残りの観光を

こんなバルコニー憧れます。DSC00267.jpg

サンセルナン教会の特徴的な塔。DSC00269.jpg
DSC00270.jpg
ミサが終わったばかりの内部は大変厳か。
ここはスペインのサンチャゴデコンポスデーラへの巡礼コースにあり敬虔なる信者の重要な教会でもあるのです。
ミサが終わるまで待っててよかった。。

そうそうここの名物にスミレの砂糖漬けがあげられます。
実際に食べると苦くてでも紅茶の側に置いておく分にはビジュアル的にいい感じ。


そしてステンドグラスの美しいジャコバン修道院へ
いまは祈りの場所ではなくなったので博物館のように存在しているのですが北側を飾るオレンジのガラスと南側を飾るブルーのガラス。
本当にきれい。
DSC00273.jpg
DSC00274.jpg
DSC00276.jpg

そして有名な柱はこれDSC00275.jpg
ジャコバンのやしの木と呼ばれています。

午後はカルカッソンヌへ
DSC00280.jpgDSC00281.jpgDSC00282.jpgランチはこんなメニュー。
スパイシーなチーズのパイは熱々でした。メインの子牛はとろとろに煮込んでありデザートのプリンはほろ苦く大人の味。。

観光はコンタル城の城壁へ。DSC00298.jpg

眺めはこんな感じです。DSC00292.jpg


町を囲む城壁は二重に張り巡らされ敵からの侵入に備えました。
DSC00285.jpg

コンタル城入り口はこのような見張りの木製テラスがしつらえてあり隙間から石を落としたり煮立った油を落としたり矢を放ったりと利用されていたのです。
DSC00288.jpg

ちょっとアイスブレイクDSC00305.jpg


今晩のホテルは城壁の外 「トロワクロンヌ」
パノラマルームを利用すると部屋からはこんな景色が見えるのです
DSC00307.jpg

夕景DSC00308.jpg

夜景DSC00320.jpg

いい夢みれそうですね。
[ 2005/09/11 04:48 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(0)

9/10 プロヴァンスの旅へ

今回の旅は12名様
エコノミークラス(\499000)6名
ビジネスクラス(\889000)6名 の合計12名様
利用機材はエールフランス。
連休前ということもあり機内は満席なのです。

機内食はこれ。DSC00250.jpg

12時間のフライトなので途中お腹がすいたらリフレッシュメントサービスもあります。
カップうどんはうどんでスカイ。
そうJALのオリジナルうどんです。
JALでならビジネスクラス以上のお客様限定ですが
エアフラはエコノミーでも関係なくご自由に!って感じ。
DSC00251.jpg

サンドイッチのほかはアイスクリームもあります。。

到着間際のミールはこれ。DSC00252.jpg


なんか食べてばっかですね。。。

シャルルドゴールでは約3時間の待ち合わせ。
その後国内線にてトゥールーズへ
到着時はすごい雨。
ガイドからはこの1週間雨が続いていて明日も大雨ですと
宣告される。
ま、自然には勝てないしあきらめるしかないみたい。
[ 2005/09/10 03:13 ] 添乗業務 フランス | TB(0) | CM(0)

9/6-7 帰国

フランクフルトにて帰国の手続き
全員ビジネスクラスなのですごく楽。
通常ルフトはグループのために事前席割なんて気の利いたことは
やってくれないし人数が増えれば増えるほど添乗員の仕事は増えるばかり。
今回はわずか4名サマのみ
しかもみんな既に席番号も受け取ってるビジネスクラス。
仕事は無いに等しかったりする。。。

本日の機内食
DSC00185.jpg

お味はまあ悪くない。
昔から比べたら悪くなったけどまだまだいける。。

後ろにはめちゃ可愛い男の子が
DSC00187.jpg

機内食も彼にかかったらおもちゃ!
可愛いーーーなんて左の座席の隙間からパパラッチを開始すると
いち早く気がついて笑顔を返してくれる。。
いいなあーーーと見てるとあれあれもう一人の声が!
ふと右の座席より後ろを振り返ると女の子が!DSC00194.jpg

きゃーーーーー。。
ツインズ!
この二人は名古屋までよい子ちゃんでした。

機内ではネットにつなぐことが出来たので約一時間(1000円)
楽しみました。
その間おにぎりのサービスもあったり。。。
DSC00196.jpg


名古屋到着後お客様とお別れし私は大阪へ
美味しいきしめんでも食べて帰ろうかなって
セントレア内を散策するもまともな麺やさんがない!
きしめんはおろかうどんも蕎麦も!
わかってないなーーーーセントレア。
とりあえず名古屋駅まで出て駅ビルの中で美味しいお蕎麦を食べて
気を鎮めて帰ってきたのでした。


DSC00200.jpg

[ 2005/09/07 15:39 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(2)

9/5 ハイデルベルグ観光

ハイデルベルグ城の駐車場は予約制を取っていて
最近は効率よく入っていける。
昔はすぐ満車になって下からフニクラに乗っていったりしたな
なんて回想したりして。
ガイドが説明してるうちに私がチケットを交換に。
安いツアーでは通常添乗員が説明するんだけどこうやって
ガイドが付いてると本当に楽。
っていうか本来の添乗業務ができるのでよい。
フランクを出るときはまだ15度くらいだった気温も
すでに20度を超え今日も暑くなりそうな感じ
雨よりいいけどね。。
DSC00172.jpg


ワインの大樽ではペルケオの時計にちゃんと
尻尾の新しいのが仕込んであった。
でもイタリア人グループが次々にあけていくから
ガイド的にはつまらなかったと思われ。
あれはやっぱお客さんに引っ張らせそのリアクションを楽しむものだからね。
テラスからの景色は今日もきれい。DSC00174.jpg


普遍ってこういうことを言うのかも。
旧市街の観光も終え今日のランチは和食です。
シティホール近くの和食でうな重を。
期待していなかった分だけ脂が乗ってて美味しかった。。。

DSC00179.jpg

早めにフランクに帰り自由に。
ほとんどの方がお買い物に出て行かれる。
私はつかの間の休憩をパソコンと共に。
ドイツではAOLでつなぐのですが電話代もローミング代もかからず
大助かり。
今回のホテルフランクフルターホフはフリーダイヤルでも
一通話に付き5ユーロかかりますといわれていたのですが
チャージを何度調べてもゼロ!!
嬉しい限りです。DSC00180.jpg


夜のアテンドは今晩は韓国料理の「シイラ」
韓国人経営で韓国人のお客さんでいっぱい。
けして安くは無いのにドイツ在住韓国人でいっぱいの人気店のよう。
みんなベンツとかBMWで乗り付けてるところを見ると成功した人たちなのかも。
DSC00181.jpg

お客様を待つ間、文庫本片手にアップフェルショーレがあれば満足♪
何組かお迎えし最後のお客様は私の担当VIP
最終的にこのご夫婦にご馳走になってしまった。
役得役得。。
ぐふふ。

[ 2005/09/05 07:00 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(2)

9/4 ローテンベルク観光

今日はロマンティック街道の真珠と呼ばれるハイライトの街
ローテンブルグへ。
たまたま今日は年に一度のお祭りの日。
シェーファータンスがいたるところで行われる日でもあるのです。
ラッキーー!!
この仕事をしていてもなかなかお祭りには出会えませんものね。

まずは手前の街ヴュルツブルグのレジデンツへ
最初にマリエン橋から要塞を見上げて写真を
DSC00133.jpg


レジデンツはわずか3部屋くらいしか見学も無いのですが
美しいフレスコ画を中心にその後お庭を見て出発です

DSC00140.jpg

DSC00139.jpg


ローテンブルグに入りいきなり今日のお祭りのポスターが!
わくわく
DSC00142.jpg

パーキング5を超えてすぐの広場。いつもは何も無いところなのに
今日はいきなりダンスダンスダンス!!
DSC00143.jpg

シュランネ広場を抜けマルクト広場へ出ると今日はいろんな出し物が。
民族衣装を着るだけでこの町の人はいきなり1600年代にスリップしちゃうから本当に不思議。。
DSC00147.jpg

DSC00164.jpg

DSC00148.jpg

ポーズを決める人(お願いしてないのに私も私もって集まってきちゃう)
パレードの人(半分恥ずかしげ。。。でもちゃんと立ち止まってくれポーズ!)
鍛冶屋さん風のおじちゃま
などなど。

そしていよいよ14時からマルクト広場にてシェーファータンスです
直訳すると羊飼いのダンスかな。。
広場をくるりと麻布で囲い5ユーロ払わないとダンスを見せてくれない
のですが隙間や囲い布の上からパチリ!!
DSC00159.jpg

DSC00160.jpg

楽しい♪
今日も最高にお天気で幸せでした。。。DSC00166.jpg

[ 2005/09/04 21:07 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(2)

9/3 ライン川クルーズ

今日はライン川クルーズの日
フランクフルトから約50分で到着です
リューデスハイムから通常乗船するのですが
私だけ乗船しお客様にご乗船いただく準備を。
まずラウンジの先頭付近にてテーブルをご用意
約30人分。
そこに冷たく冷やした白ワインを6本セッティング。
アスマンハウゼンから皆さん乗船され約90分お楽しみいただく
ここまでお金と気を使うツアーってあんましないよね。

ザンクトゴアハウゼンにて下船しローレライの丘の上に
美しい景色の写真を撮っていただく
そして昼食へ
今日はクロンベルク城にて。

DSC00117.jpg


外観もさることながら内部もシックで素敵

DSC00106.jpg
DSC00107.jpg


でもでもそれにもまして感動したのがテーブルセッティング
花びらをこれだけふんだんに使っちゃうなんて贅沢。。。
涙が出ました。
かわゆくて。。。。

DSC00113.jpg


食後はフランクフルトに帰りゲーテの家へ。
そして各自お買い物へも消えていかれました。
私はちょうどワイン祭りをやっていたのでその通りへ。。
まだまだ準備中で盛り上がる時間じゃなかったけど
とりあえずジェラートを食べ食べホテルへ。
DSC00118.jpg
DSC00121.jpg

夜はレストランのアテンド。
私の担当はシーフードのニッツアです。
今晩予約の3組のアテンドでメニュー解説オーダー支払いまでの
お手伝いをするもの
当然食事が終わるまでべた付きがお約束なのですが
大丈夫。
読みかけの文庫本「功名が辻」があるもーーん。
DSC00127.jpg

私の席はバーカウンターの端っこ。
バーテンダーのラウルはスペイン人でかなり調子いい。
私のスペイン語も彼にならかなり通じあっという間の2時間半でした
彼の入れてくれるコーヒーも美味しかったしね
DSC00132.jpg

とはいっても4杯は飲みすぎか。。。
[ 2005/09/03 19:53 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(0)

9/2 ドイツへ

DSC00086.jpg


朝ごはんはホテルのレストランで。
バイキングでも日本のそれは和洋いろいろで楽しい。。
これをヨーロッパで求められるとつらいよねえーーー。

さて今回はルフトハンザでフランクフルトへ
お客様は8名。
今回はいつもの主催ではなく手配旅行
優良顧客を約200組ご招待するインセンティブです。
その中でも特に大切なお客様8名という事で白羽の矢が立った添乗員が私。
普段から100万円クラスのお仕事をしているので
こういったお客様になれていると思われているみたい
確かに得意ではある。
少しお話をしただけでもわかるのは、普段のお客様より
癖がないって事。
楽しい旅になりますように。

機内食はこんな感じ
豚肉の照り焼きかサーモンソテーのチョイスで私は照り焼きを。
DSC00090.jpg

二回目はこんな感じ
車えびの天とじ丼かビーフバーベキュー。
私のチョイスは天とじ丼
やっぱ和食だな。
target="_blank">DSC00095.jpg

約12時間で到着。
機内映画はいまひとつだったので持参したDVDを見ながら
あっという間のフライトでした。

空港到着後はレーマー広場へ。
ここで本部に電話をしてホテル側での受け入れ準備を整えるのです
DSC00097.jpg

ホテルも準備万端。さあいざホテルへ。
今回はフランクフルターホフに4連泊です。
到着後ツアーデスクのスタッフよりウェルカムドリンクが出されひととおり説明。
やっぱ募集にはない独特さだね。
お客様の部屋周りも終わりひとまず終了。
お客様の部屋にはこんなウェルカムサービスが!

DSC00098.jpg

お花。エビアン。チョコレート。バウムクーヘン。白ワイン。
熱烈歓迎ですな。。。
[ 2005/09/02 03:05 ] 休日 ドイツ | TB(0) | CM(0)

9/1 中部国際空港セントレア

明日からのドイツに備え添乗員のショウアップは前日。
お客様も前泊なさるのでチェックイン業務をしなければならないのです
通常、出発前日からって言うのはまれなんだけど今回のような事も。

大阪をお昼の新幹線に乗り名古屋まで。
名古屋では名鉄電車に乗り換え。
特急に乗るとわずか28分で到着です。

空港ではまずホテルにチェックイン。
ビジネスホテルみたいだよって聞いていたけど
なんのなんのいい感じ。
新しいから余計に日本人にはいい。

茶色と白でまとめられた室内はシック。
入っていきなりスリッパが置かれるあたり日本だし、
外国人客にはこれが有名な室内では靴を脱ぐ日本か!とインパクトもあると思われ。

DSC00073.jpg


荷物を置き早めにフロントへ。
センディンぐを依頼している旅行総研のスタッフとの打合わせが
あるのです。
ロビーに降りフロントにてツアーデスクの設置場所
朝食場所の確認やお部屋番号ならびにモーニングコールの設定など
済ましているとスタッフ到着
なんと明日しかもらえない搭乗券を今晩中にくれるらしい。
まあ全員ビジネスクラスなので席番号も決まってるし問題はないけど
早めにもらえるとそれはそれでいいね。
明日の打合わせも終わり後は2組のお客様を待つだけ。

デスクにすわりいつ来るかわからないお客サマを待つ間
パソコンをつないで遊ぶことに。
読みかけの文庫本「功名が辻」もあるし
時間をつぶすのは結構得意。
一組目のお客様が17時頃到着。
この方が超が3つ付くVIPらしく私が呼ばれたわけですが
とても感じがよく明日からが楽しみに。。。

もう一組は21時くらいになると聞いていたので
ここから空港を見学に。
関西空港を脅かす新空港に興味深々だったのですが
実際には小さい空港でなあんだ。って感じ
確かにお店などの充実は関空よりいいかも
いずれにしてもちっちゃくてあっという間に見学終了。
やっぱ関空のほうがいいや。。

無事最後のお客様も到着され私も自由に
お部屋に帰りお風呂に。
空港内にも大きなお風呂があるのでニュースで見たけど
友達からは世界の菌が浮いてるから絶対入っちゃ駄目だよと
念を押されてる私。
もちろんお部屋のお風呂です

DSC00074.jpg


浴槽は深く湯量もたっぷり。
日本人は大満足でしょう。

DSC00078.jpg


この貴重品ボックスもナイスアイデア。
時計やめがね。アクセサリなどひとまとめにおいておくトレーなのですがこれで忘れ物や紛失も減るのでは。
他のホテルにもまねして欲しいアイデアです

DSC00079.jpg


無線ランがあって無料って事だったのですが私のパソコンは
ついに無線を感知せず。。。駄目じゃん

DSC00084.jpg

リネン類も新しく上質なコットン。
パジャマがおいてあるところなどここは日本ですね♪
[ 2005/09/01 01:42 ] 休日 空港 | TB(0) | CM(2)
いらっしゃいまし。
日本ブログ村ランキング参加中。 クリックしてくださると天にも昇る幸せ♪
プロフィール

まゆまゆ  

  • Author:まゆまゆ  
  • ツアコンが天職だと信じて疑わなかったのに
    ラッテが我が家にやってきて離れられなくなりました。
    お仕事を変えて頑張ったけどママはやっぱり
    ツアコンなんだな~。
    お留守番!しっかり頼みましたぞ!ラッテさん♪
いくつになったの?
何歳になりましたか!
プレゼントはおやつでお願いします。笑
Sony Styleのすすめ!
PC買うならsonystyleって決めてます! 独自の保険があって3年間は手厚く保証が効くんですよ。 電話1本で引き取りにくるし、もう何回無料で修理してもらったかしら・・・♪
絶対お得。ソニラー必見!
楽天レンタルDVD
決め手は延滞料無料でしょう!
アメックス!
ゴールドカードを持っていたなら空港へのスーツケースの宅配が無料って知ってました??
アメリカン・エキスプレス
大好きMoMAstore
美しいものを発信してくれるMoMAstore この子達が我が家の生活の中に 溶け込んでくれると思うとドキドキ☆ 今なら5000円以上で送料無料!
MoMAstore ただいま愛用中! MoMAstore
大好きアールト!
クリスタルベースM 120m 我が家の花瓶!
ラージタンブラー2個セット 我が家のグラス!
両面ガーゼてぬぐい
食べこぼしもコレで安心(笑) 630円でポイント10倍!
リバーシブルでこのお値段! めちゃくちゃかわいい♪
手ぬぐいの祝儀袋
ダリアちゃんに教えてもらったの。 リサイクルの決定版!祝儀袋が和柄のてぬぐい。 これで1300円!喜ばれる事間違いなし!
ドイツのふきん『ブリッツ』
吸水性抜群! 今月で切れちゃうポイントはありませんか? もったいないから有効利用しちゃわなきゃ!
今月いっぱいなら送料無料でポイント10倍だよ!! いそがなくっちゃ♪ 我が家は桜ときのこ(赤)にしました!
UV革命知ってる?
今、テレビでやってたの。 化粧の上からスプレーするだけ!何回でも化粧直しのように日焼け止めができるんです!注文しちゃった!!
コラーゲンドリンク
コラーゲンにヘスペリジンという新発想! お肌が!髪が!つやつやになるんだと! お味はさわやか。めっちゃ美味しいの。
今ならキャンペーン中で送料無料。くわえて2本サービス キャンペーンコード「af90611」を入力すると「グリコ熟カレー夏味(8皿分)」がもれなくプレゼントされます!
Paper Pot&poketyセット
ラッテのトイレットペーパーポットはオレンジ色です! でね、もう一個はポケットティッシュ用のポット! コレは黄緑にしようかな~~♪2個で送料無料です!
カラフルなバケツ !【TUBTRUGS】
ビーチバックとして、バケツとして、おもちゃ入れとして、 車のトランクの整理に、洗車用に。なんにでもOK!
私はコーヒーカラーを車のトランク用に。 もうひとつ明るい色をお洗濯かごに買っちゃおうかな☆
ペレンネ バッグハンガー
ワンコと遊んでると荷物が多いからね。 バッグハンガーがあるとめちゃ便利♪
送料無料だって!
CyberBuzz
ジャパネットたかた
夜中にうっかり見始めちゃうとついつい2時間見続けてしまうのです。大型テレビはきっとジャパネットで買っちゃうな。金利手数料無しだもん!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
LOVEブランド♪
eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ eブティックヨーロッパ
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
モラタメ登録はこちらから。
新製品が送料のみで試せたり ラッキーならもらえちゃったり 楽しいサイト! 登録は無料です!
月別アーカイブ
★QRコード★
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム